”いじめ”という言葉 - 広報・PR・IR全般 - 専門家プロファイル

中村 英俊
株式会社第一広報パートナーズ 代表取締役 広報コンサルタント
東京都
広報コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:広報・PR・IR

豊田 健一
豊田 健一
(広報コンサルタント)
採用広報プランナー 白井 千絵
採用広報プランナー 白井 千絵
(採用コンサルタント)
豊田 健一
(広報コンサルタント)
中村 英俊
(広報コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

”いじめ”という言葉

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 広報・PR・IR
  3. 広報・PR・IR全般

残念ながら”いじめ”の問題が最近テレビを賑わしています。


”いじめ”とは非常に柔らかな印象を受けますが、テレビなどでの報道を見る限り、死に追い込むなど悪質化していると言えます。最近では”自殺の練習”などをさせていたということであり、以前描いていたいじめのイメージは弱い者いじめでありましたが、殆ど犯罪というレベルに到達しているといえます。


また”いじめ”は何も小学校などの子どもだけが対象ではなく、高校や大学ばかりか、広く一般社会にも蔓延しているともいえるでしょう。という状況下、いじめで死に追いやったケースを放置しておくと特に直接手を加えずに、犯罪にならない様に人を殺せることになり得るのではないでしょうか。


しかし、”いじめは犯罪”という認識を敢えてさせない様にしているのか、本当に立件が難しいのか状況は解りませんが、傍から見るといじめ問題は放置されているようにしか見えません。

もっというと学校や教育委員会が自身の立場を守ろうと”隠ぺい”しているところだけクローズアップされている印象です。


最近のいじめは、侮辱罪、脅迫罪、暴行罪、傷害罪、殺人罪に十分値する行為と言え、また生徒のみならず学校や教育委員会なども隠ぺいやほう助という観点で同罪なのではないでしょうか。


いじめ撲滅に関して文科省や教育委員会などが積極的に動いているようには見えませんが、少年法の改定を含めて、”いじめ”という曖昧な表現ではなく、”犯罪である”ことを十分に認識させる言葉に変えていかなければいつまでたっても状況は変わらない気がします。


いじめは弱い者いじめではなく列記とした犯罪であり、手を加えた者、見逃した者、子どもや大人含めて”犯罪である”という認識を浸透させていく必要があるように痛感する今日この頃です。


クリックをお願いします!















 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

野党議員はクレーマー? 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/08/05 11:34)

先ほど申し上げた通り・・・ 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/10/09 08:09)

広報は翻訳家 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/09/24 09:55)

リーディングカンパニー? 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/09/19 11:32)

いつも頭に付箋紙を! 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/08/12 09:43)