妄想リリース活用のススメ - 広報・PR・IR全般 - 専門家プロファイル

中村 英俊
株式会社第一広報パートナーズ 代表取締役 広報コンサルタント
東京都
広報コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:広報・PR・IR

中村 英俊
中村 英俊
(広報コンサルタント)
中村 英俊
中村 英俊
(広報コンサルタント)
採用広報プランナー 白井 千絵
採用広報プランナー 白井 千絵
(採用コンサルタント)
採用広報プランナー 白井 千絵
(採用コンサルタント)
採用広報プランナー 白井 千絵
(採用コンサルタント)

閲覧数順 2017年02月20日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

妄想リリース活用のススメ

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 広報・PR・IR
  3. 広報・PR・IR全般

社内で広報素材を発掘しリリースを書こうとするものの、なかなか現場から上手く情報を引き出せないという経験をしたことのある方は多いだろうと思います。


それは無理もありません。日頃広報担当者はメディアに如何に効果的に打ち出すか、その為にはリリースにはこう書きたいなどと具体的なイメージができていますが、メディア対応もしたことが無い、加えて広報など日頃頭にもない現場の方から直ぐに広報が欲しい情報を提供できる筈がありません。


リリースを書くための現場への取材の際は、聞き出すことの他に広報の立場としてこういうことを書きたいなどという話もされているだろうと思います。


しかしこれも口頭だけではなかなか伝わり難いのが現状ではないでしょうか。


その際、私が活用しているのは”妄想リリース”です。


直接詳しい情報収集はこれからという段階で、出来る限り話を拡げた理想的なリリースを妄想で書きます。それを元に現場担当者と具体的にこういうことを言いたいなどと伝えます。


そうすると担当者より、


・ここまで言うと言い過ぎ、嘘になる

・この部分については今は言える段階ではない(営業的に言いたくない)

・この部分は言えないが、こういう切り口なら拡げられそう


などと具体的な会話ができます。


やはり口頭だけではなかなか伝わらず、公表することによる営業リスクなどの不安なども現場にはあるため、具体的に書き示して話を進めていくと意外とすんなりと話が進みます。


しかし日頃から現場より情報収集を行い、ある程度的を得た妄想でないと失笑されてしまいますので、”妄想力”を養っていく努力も必要だろうと言えます。


一度試してみては如何でしょうか?


クリックをお願いします!















 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

1社に情報を流したら「リーク」は大間違い 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2010/06/11 02:00)

想定Q&Aは何故必要か 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2010/06/10 18:00)

リリースは数打ちゃ当たるのか? 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2010/05/28 14:00)

いつも頭に付箋紙を! 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/08/12 09:43)

リリースは詰め込んではダメ 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2012/05/25 12:39)