リリースは詰め込んではダメ - 広報・PR・IR全般 - 専門家プロファイル

中村 英俊
株式会社第一広報パートナーズ 代表取締役 広報コンサルタント
東京都
広報コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:広報・PR・IR

豊田 健一
豊田 健一
(広報コンサルタント)
採用広報プランナー 白井 千絵
採用広報プランナー 白井 千絵
(採用コンサルタント)
豊田 健一
(広報コンサルタント)
中村 英俊
(広報コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

リリースは詰め込んではダメ

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 広報・PR・IR
  3. 広報・PR・IR全般

発表案件自体のニュース性が一番大きな要素であることは言うまでもありませんが、”リリースの書き方”によっても報道の確度を大きく左右する要因です。


報道の確度を上げたい、その為にニュース性を上げるべくさまざまな角度から素材を検証し、そして情報をかき集めてリリースを書く準備をするかと思います。


しかしよくある失敗例として言えるのは、多くの要素を詰め込み過ぎて結局何を言いたいのかが解らないリリースです。


色々と切り口を盛り込むと、確かにアピールしたいんだろうなということは伝わるでしょう。


しかし、具体的な”記事のイメージができない”という状況に陥ります。


社内報の編集であれば、数少ない素材であるため何とか原稿を書こうと努力してくれますが、一般的に記者は多くのリリースに埋もれながら記事を書いているため、見て直ぐに具体的な記事のイメージができなければ、後回し・・・ゴミ箱行きとなってしまいます。


何がニュースなのか、何を書いて頂きたいかを意識した上で全般をリリースの1枚目を書き、そしてその詳細や補足説明を2枚目以降で行うという分担をすると格段に読み易いリリースになります。


想いが強過ぎると逆に伝わりません。


一度書き上げた後には、冷静に、客観的に”素人にも伝わるか”を意識して見直しをすることをお勧めします!


クリックをお願いします!















 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

妄想リリース活用のススメ 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2012/06/26 11:28)

来週、社内報セミナーを開催します 豊田 健一 - 広報コンサルタント(2012/05/14 22:35)

読者目線で内製化 豊田 健一 - 広報コンサルタント(2012/04/21 22:38)

SNS時代の社内広報 豊田 健一 - 広報コンサルタント(2012/04/11 22:26)

社内報 社員との接点 豊田 健一 - 広報コンサルタント(2012/02/13 13:56)