【日常生活で右脳を鍛える方法】 - 速読術・フォトリーディング - 専門家プロファイル

小寺 邦明
速読ビジネス講師
ビジネススキル講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ビジネススキル

北島侑果
(司会者)
山田 進一
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2017年07月21日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【日常生活で右脳を鍛える方法】

- good

  1. スキル・資格
  2. ビジネススキル
  3. 速読術・フォトリーディング
ビジネススキル向上 速読理論
経営者・ビジネスマンに役立つ速読ビジネス活用術を日々考えている速読ビジネス講師です。


日本脳力開発協会のメルマガより引用



 キーワード:
 視覚が活発化すると右脳が働き、
 物事の全体を把握する力が身につく。


 解説:
 前を常に眺めるだけでなく、
 時に、なるべく視覚全体を把握する
 習慣も身につけよう。

 例えば通勤電車の中、
 前を見て座るだけでなく、同時に
 左右両隣の人も見るよう心がけてみよう。

 視野を広げるトレーニングになる。


  ▼日本脳力開発協会 公式サイト
  http://www.nichinou.jp/


【速読ビジネス講師の解説】

視覚が活性化されると右脳も活性化する。

それはなぜだろうか?と考えたことはありませんか?

実はそれ意味は視覚にどのくらい脳の情報処理をしているかがポイントなのです。

視覚は80%は脳の処理能力を使うそうです。

ということは、視覚の能力を鍛えると、脳も活性化されるということです。

視覚を鍛えるのはいろいろとあります。

今回のキーワードの解説の中に”視野の拡大”がありますね。

これは意外に脳に負荷がかかりますよね。

というのは、視野が広くなる=入ってくる情報量が多くなる
      ⇒脳の情報量が増加 ⇒ 脳の負荷が高まり活性化される

ということです。

速読にも視野を広げるトレーニングはあります。

このトレーニング目的には、文字をいっぺんに多く読むことにより

速読の速度をあげることです。

通常は音読よみですので、1文字ずつよみますので、視野は1文字分あればよいのです。

しかし、速読で速度が向上するといっぺんに2,3文字を視て読んでいく”視読”

を行います。

これにより速読のスピードが格段にあがります。


【活用ベネフィットのまとめ】
街の中やオフィスの中、本の文の中で、欲しい情報を見つけたいや早く探したい場合は、

この視野を拡げるトレーニングをしてみてください。

そうすると、おのずと潜在意識にある欲しい情報が目に飛び込んできます。

理由は、視野の拡大のトレーニングを日ごろから行うことにより、脳が活性化されて

以前より、今まで見えなかった文字や気にしなかった内容が気になりだします。


以上、視野の拡大によるベネフィットの説明でした。


視野を広げるトレーニングに下記のような書籍でもできます。

運動能力がアップする かんたんスポーツ速読トレーニングドリル ~スポーツ脳が活性化!~/川村 明宏

¥1,260
Amazon.co.jp


☆☆☆  【無料】速読体験学習会のご紹介  ☆☆☆

私が速読を修得するきっかけとなった速読体験学習会を全国各地で定期的に行っています。
興味のある方は、是非とも体験をしてみてください。

体験学習会の内容は
この体験学習会のほんの一部を紹介すると、、、

・たった3分間で速読力を20%向上させる方法とは?
・64歳でもわずか3ヶ月で1分間に1万文字を読めるようになる秘密とは?
・記憶力を短期間に向上させる"色と形のイメージ力"とは?
など

日本脳力開発協会から”速読ビジネス講師からの紹介者”ということで
【無料ご招待】枠をもらいました。

  ご案内ページはこちら  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ クリック

このコラムに類似したコラム

『やったー』の共有~職場で承認欲求を満たす良薬とは?~ 田原 洋樹 - 人材育成コンサルタント(2013/07/14 08:53)

海外に行くための、時間管理法 三橋 泰介 - 研修講師(2013/09/27 17:07)

飲食店経営者も、セミナーやってます・・・ 三橋 泰介 - 研修講師(2013/08/29 18:49)

接客力とは?~販売力を高めるコツ~その2 田原 洋樹 - 人材育成コンサルタント(2013/08/21 16:25)