映画「ウォーリー」 - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

菅原 茂夫
菅原茂夫税理士事務所 代表
東京都
税理士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

四倉 勝治
四倉 勝治
(ブランドコンサルタント)
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
中川 強
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2017年11月17日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

映画「ウォーリー」

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般
GW中の5/5に映画「ウォーリー」が放映されていた


舞台となるのは、もはや人間が住む事の出来なくなった未来の地球

そんな中、たった一人(?)でせっせとゴミ集めという、自分に課せられた任務を続けるロボット

その名はウォーリー

一日の任務を終え、自宅に戻ったウォーリーの楽しみは二つ

一つはゴミの山から拾ってきた宝物の整理

もう一つはビデオを見ること

誰かが捨てたビデオテープ

そこには「ハロー・ドーリー!」のダンスシーンが映されている

「自分もいつか誰かと手をつなぎたい」

そんなことを夢見るウォーリー

そんなウォーリーの目の前に現れたものは。。。

これ以上はネタバレになってしまうので、やめておきます

良い作品でした

心のコリがほぐされるというか

最近、「絆」なんて言葉が流行っているけれども、自分はあまり「絆」という言葉は好きではない

いや、「絆」という言葉が好きではないのではなく、「絆」という言葉をビジネスやらなんやら安易に使うことが好きではないのだ

ウォーリーのように「誰かと手をつなぎたい」

それで良いと思う

単純な欲求かもしれない

でも、人間の心の奥底にある欲求って案外そんなものかもしれない

あまり難しい事は考えず

「誰かと手をつなぎたい」

それで良いと思う

ロボットであるウォーリーに、より人間らしさを感じてしまう

そんな作品だった

このコラムに類似したコラム

起業でも、どこの会社も同じ仕組みと思いがち 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/03/08 20:36)

起業をいくら学んでも起業が実現できない理由 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/03/06 20:53)

飲食店経営と食べログとの微妙な関係 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/02/20 20:54)

ゴルフメーカーが倒産した理由 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/02/15 20:44)

今の時代、女性の発言力は業績に直結 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/02/14 20:25)