色彩検定2級 次は問題を解いてみよう-19- - イメージコンサルティング全般 - 専門家プロファイル

安田 紀子
nrk color circle 
神奈川県
カラーコーディネーター
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

色彩検定2級 次は問題を解いてみよう-19-

- good

  1. 美容・ファッション
  2. イメージコンサルティング
  3. イメージコンサルティング全般
色彩心理・配色

今回、タイトルどおり「一緒に勉強しませんか?」状態で学習しなおしたりしてるんですが…
手頃な試験用の用語辞典ってないのかな?

私が持っているものはあんまり試験向きじゃないんだよね(当たり前だけど)。

色彩検定向けの用語辞典、どこかの出版社で出してくれないかな?なんだったら、やらせてくれないかな?(笑)


では、前回の解答です。


問18:解答


(A):利益
(B):量産
(C):差別化
(D):マーケティング
(E):コスト


今回からプロダクトデザインと色彩に入ります。
プロダクトデザインの大きな目的は利益を生むことです。
単に配色や色について考えるだけでなく、プロダクトデザインにおける色彩の役割をきちんと念頭に置いて問題に取り組んでください。
実際の試験では各分野について聞かれることはなく、プロダクトデザイン全体に共通する問題が出題されるでしょうしね。


用語
33.プロダクトデザイン:広義では企業が製造した商品すべてを指す。インダストリアルデザインと同義。


では、今回の問題です。


問19:空欄(A)~(E)に当てはまる語句を答えなさい。


インテリアの色使いは、慣習によるものや、建築家やインテリアデザイナーのセンスとアイデアによるところが大きいのが現実です。
その中でカラーコーディネーターは、住まいの地域性や住む人の志向、(A)、空間の快適性や(B)、流行など、住空間を総合的な面から捉えて色彩計画を提案し、建築家やインテリアデザイナーと協力しつつ、独立した役割を担います。色彩の専門家としての能力だけでなく、建築やインテリアデザインに関する知見や(C)能力が必要なのです。
暮らしやすく美しい空間は、(D)と(E)と色彩が一体化されてこそ実現できるのです。


HP:http://www.ne.jp/asahi/nrk/color-circle/



このコラムに類似したコラム

カラーコーディネーター検定1級1分野 安田 紀子 - カラーコーディネーター(2013/09/18 12:20)

東京商工会議所認定色彩講師HPがリニューアル! 都外川 八恵 - スタイリング&カラーコンサルタント(2013/07/18 18:40)

女性起業家の女性の為による女性の為の起業塾♪ ジャックまま 戸瀬恭子 - パーソナルスタイリスト(2013/06/20 08:03)

FYTTE7月号 ジャックまま 戸瀬恭子 - パーソナルスタイリスト(2013/05/26 17:04)

「カラーコーディネーター検定」対策サポートセミナーの感想を… 都外川 八恵 - スタイリング&カラーコンサルタント(2012/11/01 19:34)