【最強ビジネスモデル】毎日事業改革。 - 新規事業・事業拡大全般 - 専門家プロファイル

星 寿美
プラウドフォスター株式会社 代表取締役
東京都
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:新規事業・事業拡大

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【最強ビジネスモデル】毎日事業改革。

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 新規事業・事業拡大
  3. 新規事業・事業拡大全般
 【最強ビジネスモデル】  2012.03.15 No.0335
===========================

「たとえ1時間であっても、
 毎日一定の時間を確保して
 事業改革に取り組もう。
 一番の核となる問題に取り組むべきだ。」

これは私が尊敬する師匠から教わったこと。

 先日ご紹介したお仏壇のはせがわの長谷川会長が
 話されていた
 「脱皮し変革しないものは滅ぶ」
 にも通じると思う。

私はある時から
パソコンを閉じるということが
習慣になっている。

アイデアを考えるときや、全体構築やしくみを
描くときは、パソコンの代わりに

いつもノートを広げる。
パソコンの前だと広がらない発想も
白いノートの上では自由にどこまでも広がり深まる。

師匠の教えにも、この私の習慣が役に立つと感じた。

もちろん、現場主義とコミュニケーション
そして様々なリサーチを行い現状把握は基本。
そのうえで、自分の答えを生み出すのは
パソコンに向かうではなく、集中できる自己対話。

ある意味クリエイティブな、その時間が
私には重要な時間だ。

さて、師匠から聞いた実例。

 6店のレストランチェーンを経営していたD氏。
 ひどい経営難に陥ったとき、レストランから
 1店舗だけを「新しい」モデル店として位置づけ、
 大きな改革を断行し何から何まで新しいタイプの
 営業を開始した。

 1年後、主に債務の再編と経費削減により、
 チェーン全体でキャッシュフローをプラスに戻す。
 全体経営は純損失だが改革した店が一貫して
 利益を上げ、5店舗にも複製できるモデル点に成長。
 2度目の債務再編、投資資本で残りの5店舗を
 立て直した。

という。

うまく行かない時には必ずその理由があるし
うまく行っている時にも必ずその理由がある。
そして、どんなにうまく行っていたとしても

 「脱皮し変革しないものは滅ぶ」

だから、

「たとえ1時間であっても、毎日一定の時間を確保して
 事業改革に取り組もう。
 一番の核となる問題に取り組むべきだ。」

と言えるのだと思う。

___________________________
■今日のまとめ

・たとえ1時間であっても、毎日一定の時間を確保して
 事業改革に取り組もう。

---------------------------

このコラムに類似したコラム

【最幸ビジネスモデル】ひっかかりちゃんが大切。 星 寿美 - 経営コンサルタント(2013/12/17 23:30)

【最幸ビジネスモデル】自分のやり方で生きる。 星 寿美 - 経営コンサルタント(2013/12/06 07:48)

【最幸ビジネスモデル】これがビジネス。 星 寿美 - 経営コンサルタント(2013/12/03 11:24)

【最幸ビジネスモデル】過去の成功体験に捉われない。 星 寿美 - 経営コンサルタント(2013/11/14 18:10)

【最幸ビジネスモデル】問題の作り方。 星 寿美 - 経営コンサルタント(2013/11/11 08:57)