「おかえり」すら言えない恐怖~モラルハラスメント - 夫婦問題全般 - 専門家プロファイル

佐藤 千恵
行政書士東京よつ葉法務オフィス 
東京都
離婚アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:夫婦問題

小林 美智子
小林 美智子
(夫婦問題カウンセラー)
高草木 陽光
高草木 陽光
(夫婦問題カウンセラー)

閲覧数順 2017年08月18日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「おかえり」すら言えない恐怖~モラルハラスメント

- good

モラルハラスメント ブログから

*   *   *   *   *   *
モラルハラスメント被害 
女性の離婚専門板橋区の女性行政書士 
東京よつ葉法務オフィス
モラハラ行政書士のちえぼぅです
*   *   *   *   *   *




おはよう

いってらっしゃい

おかえり

いただきます

ありがとう

ごめんなさい



どれも基本的で大切な言葉や挨拶です。



お子さんがいらっしゃる家庭でしたらきっと、


「ちゃんとご挨拶しようね。」

「ありがとうしようね。」


としつけてらっしゃるでしょう。




夫がモラハラ加害者の場合、本当の、

強烈な恐怖に家中が支配されてしまいます。



挨拶の言葉も掛けられない位の恐怖です。



「おかえり」

も言えない位夫が怖い。


大変辛い状況です。




ですが、


その状況を見つめているお子さんもまた、

とても辛いのです。



「ちゃんと挨拶しようね。」

と教えられているからお父さんにおかえりを言うのに、

お父さんの機嫌一つで無視されてしまう子ども。


悲しいです。




ある時、モラハラスイッチが入っている状態の夫が

帰宅し、妻を蔑む様に見つめていたら。。


「おかえりなさい」

を言いに来た子どもがその状況を見ていて、父親に

怯えておかえりも言えず部屋に戻ってしまったという

お話を聞いた事がありました。



恐怖でお帰りすら言えないなんて。。




直接お子さんが暴力にさらされていなければ

大丈夫だと言う事はありません。



直接お子さんが暴言の対象になっていなければ

大丈夫と言う事もありません。




父親に怯えている母親を見つめていることも、

子どもにとっては大変に辛いことなのです。








*   *   *   *   *   *
東京よつ葉法務オフィスでは、女性の離婚、
子連れ離婚、離婚協議書や内容証明の作成に
ついてご相談を受付けています。

初回相談は30分無料ですのでどうぞご利用下さい
東京よつ葉法務オフィス
離婚支援センター

電話:03-3579-8577
メール:info@yotsuba-houmu.com
メールフォームはこちら
*   *   *   *   *



このコラムに類似したコラム

「まず、聴く事からなんだろうね」 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/01/08 09:06)

相手の不満を聞くことは、自分の至らなさと向き合うこと~モラ… 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/01/16 15:06)

ありのままでは受け入れてもらえない~モラルハラスメント 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/01/14 09:06)

1月28日のワーク お席は残り1つです 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/01/13 09:06)

一人で何とかしようとしないで~モラルハラスメント 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/01/12 16:28)