高槻のパン屋さん「ルート271」へ - 料理教室 - 専門家プロファイル

塚本 有紀
フランス料理・製菓教室「アトリエ・イグレック」 主宰
大阪府
料理講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:料理・クッキング

大庭 麗
大庭 麗
(料理講師)
水島 弘史
水島 弘史
(料理講師)
千葉 真奈
(料理講師)
猪名川 久美子
(テーブルコーディネーター)

閲覧数順 2017年02月23日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

高槻のパン屋さん「ルート271」へ

- good

  1. 趣味・教養
  2. 料理・クッキング
  3. 料理教室


本店は駅からちょっと遠いところにあるのでなかなか行けなかった「ルート271」。駅近くにお店が出来たので行ってみました。
ルート271
高槻市上田辺18-5

バタール210円はがっしりとしたタイプ。内相はグレイと茶色の間の色あいで目が詰まった食感で、ランダムな気泡が入ります。微妙な酸味あり。しっかりした味の料理があいそうです。

真ん中の尖ったのは
「ブリオッシュ・塩キャラメル」220円
好き同士の組み合わせで、買わずにいられません。囓るとブリオッシュがとても不思議。がっしりしっかり。といってもぱさついているわけでなく、旨味があって妙においしいのです。
ブリオッシュの焼きたてはものすごくおいしいものですが、時間がたったものは・・・だし、ちょっと発酵がすぎるとすかっとしてしまうし・・などと思っていましたが、これは明らかに違うところに着地点がある模様。ちょっとアルザスのクグロフの時間のたったものを思い起こさせます。
切れ目のガリガリさくさく感も素敵です。キャラメルのクリームとよく合って、これはまたぜひ食べたい!

奥は
「ゆず栗」260円
これも好き同士の組み合わせ。柚子の酸味が栗の甘みと上手に調和して、食べやすいパンです。

小さいお店にそれほどたくさんは残っていなかったのですが、パンと副素材の組み合わせ方、きゅっと心をつかまれるようなパンのビジュアルなど、とても興味深いパン屋さんです。
もうすぐカフェもできるのだそうです。

このコラムに類似したコラム

お肉な土曜日 笠井 奈津子 - 料理講師(2013/12/14 23:22)

おうちに帰るのが楽しみになるとき♡ 笠井 奈津子 - 料理講師(2013/11/27 14:12)

クライアントさんに 笠井 奈津子 - 料理講師(2013/11/26 14:46)

京都のおみやげおうちごはん♡ 笠井 奈津子 - 料理講師(2013/11/24 21:04)

大人の勉強タイム? 笠井 奈津子 - 料理講師(2013/11/24 16:10)