社長の給料安すぎる!(1) - 経営コンサルティング全般 - 専門家プロファイル

ドクトル・ホリコン 堀内智彦
株式会社グリップス 企業ドクター
東京都
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
長谷川 進
(経営コンサルタント)
丹多 弘一
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2017年05月26日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

社長の給料安すぎる!(1)

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営コンサルティング全般
経営改善 原価・利益管理


社長の時給は747円、一方社員は――


■「社長!アナタの給与はいくらですか?」

H17年度分民間給与実態調査の結果によれば、調査対象における会社の役員の平均給与が約655万円ということです。


上場企業を含めれば、いわゆる役員報酬の年額としては、数千万円~というデータも入ってくるために一桁増えるとは思いますが。ちなみに、この平均値の内訳として、株式会社のみでは748万円、有限会社を中心とするその他の法人では平均539万円ということです。


 ドクトルも赤字企業を黒字化する企業ドクターとして20年以上にわたり、中小企業の経営改善のお手伝いをしてきましたが、この655万円という金額は、従業員が数名~数十名の中小・零細規模のオーナー企業の役員報酬年額(年俸)としてかなり実態に近いものがあると思います。


かくいうドクトル自身、零細企業の事業主として社長を22年近くやっておりますので、十分納得できるデータという感じがします。


年額655万円、月額約54万5千円、これから異常にバカ高い社会保険料!(本人負担は会社と折半で12%くらい)や所得税・さらに特別徴収されるこれまた高額な?住民税などが控除されるので実質の手取りは45万円前後ではないでしょうか??


さて、社長(役員)であるアナタの給与はいくらでしょうか?


それは多いか?少ないか?改めて考えて見ませんか?

このコラムに類似したコラム

会社全体が頑張れる時 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2013/10/11 08:52)

Japan Venture Awards 2014のご紹介 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2013/09/13 07:14)

地域特性にこだわる 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2013/08/14 10:04)

社長の給料安すぎる!(3) ドクトル・ホリコン 堀内智彦 - 経営コンサルタント(2012/01/15 15:26)

コストマネジメントの実務 ドクトル・ホリコン 堀内智彦 - 経営コンサルタント(2012/01/01 00:00)