[アメリカ特許制度の改正] 複数の被告に対する訴訟の制限 - 外国出願 - 専門家プロファイル

森 友宏
アペリオ国際特許事務所 - APERIO IP ATTORNEYS 弁理士・米国弁護士
東京都
弁理士
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

[アメリカ特許制度の改正] 複数の被告に対する訴訟の制限

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 特許・商標・著作権
  3. 外国出願
各国特許制度 アメリカ特許制度

これから数回にわたって先日署名された米国特許法の改正のポイントについて解説していきたいと思います。

まずは、複数の被告に対する訴訟の制限についてです。

近年、複数の企業に対して特許権侵害訴訟を提起し損害賠償金などを獲得しようとする者(パテントトロール)が問題視されていますが、今回の改正では、このようなパテントトロールによる訴訟を抑制すべく、「同一の特許を侵害している」ことのみをもって複数の被告を1つの訴訟事件で訴えたり、1つの訴訟事件に併合したりすることができないこととされました(§299)。

より詳しくはアペリオ国際特許事務所のコラムをご参照下さい。

このコラムに類似したコラム

[アメリカ特許制度の改正] Supplemental Examination 森 友宏 - 弁理士(2011/11/03 23:33)

[アメリカ特許制度の改正] Inter Partes Review 森 友宏 - 弁理士(2011/11/02 17:50)

[アメリカ特許制度の改正] Post-Grant Review 森 友宏 - 弁理士(2011/11/01 22:29)