放射能汚染牛乳を出荷する人間の心理 - コンプライアンス研修 - 専門家プロファイル

パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー 代表
東京都
コンサルタント・研修講師・講演講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:顧客満足・コンプライアンス研修

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)

閲覧数順 2017年10月23日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

放射能汚染牛乳を出荷する人間の心理

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 顧客満足・コンプライアンス研修
  3. コンプライアンス研修
中沢努 「<深く考える>序開き」 抜粋

放射能汚染牛乳(放射性物質で汚染された牛乳)が出荷され、市場に出回っているという話しがあります。

「基準値以内、規制値を超えていないから」というのが汚染された牛乳を出荷する側の言い分でしょう。
法治国家ですから、その意味においてはやむを得ないという見方はできます。
(これは牛乳に限らず、放射能で汚染されている可能性がある全ての食品に言えることでしょう)

では、それを実際に出荷する人間の心理はどうなっているのか?

**************************************************
皆さん、倫理とは何でしょうか?
「社会で『やってはならない』とされていることをやらないこと」だと漠然と思っている人は多いと思います。

では「社会規範の通りに生きていれば倫理的か」と問われるとどうか?

倫理学の中に「慣習倫理」ということばがあります。
善悪の尺度を社会の慣習に求め「社会が正しい(正しくない)というから正しい(正しくない)」という論法で善悪を決めるという倫理のあり方です。

集団で生活するためには秩序が必要です。
秩序を守るためには世の中一般に「悪い」とされていることをやってはならないことは言うまでもありません。

その意味において、「やってはならない」と言われていることをやらないことは確かに倫理的だといってもいいと判断できます。
社会的規範を逸脱した企業を「倫理的でない」と非難しても間違いではないでしょう。

しかし、社会の規範通りに経営している企業が即倫理的な企業となるのでしょうか?
或いは、昔からよいとされているお手本通りに生活することが本当の意味で倫理的に生きることになるのでしょうか?

(中略)

デュウイ=タフツはこうも言っています。
(D)慣習的道徳と反省的道徳との区別は、知的には明瞭に区切りをつけることができる。
(E)前者は、行動の尺度と規則のありかを、祖先伝来の習慣におく。
(F)後者は、良心、理性に訴えるか、あるいは思想をふくむ何らかの原理をよりどころにする。

おや、「反省的道徳」という言葉が出てきましたね。
この“道徳”という言葉を“倫理”に置き換え、もう一度読んでみて下さい。

デュウイ=タフツはさらにこう言いました。
(G)何が正しく何が不正であるかについて既成信念が支配しているかぎり、道徳理論は生まれでることができない。
(H)なぜなら、そうした場合、反省を行ういかなる機会もめぐまれないからである。

http://profile.ne.jp/pf/pensee-tsutomu-nakazawa/c/c-46800/
**************************************************

◆放射能で汚染されている牛乳を出荷する人の心理は
(A)やらずに済むのであればやりたくない。
(B)でも規制値は超えていないのだからやむを得ない。
(C)戸惑いの中で行為が現実のものとなり、既成事実化され、大丈夫だと自分で自分に思い込ませ、
(D)やがて順応していく。
ということなのかもしれません。

◆また、上の引用に沿って言うと
「規制値を超えていないから出荷する」というのは「慣習倫理的な立場」で「ことの良し悪しを判断」していることになるのかもしれません。

でも本当にそれでいいのでしょうか?

デュウイ=タフツも言っているように、倫理(道徳)には2種類の立場があります。
それを読んで、私は次のように思いました。

◆本当の倫理とは「慣習倫理」よりも「反省倫理」にある。
◆本当の倫理は「他人に頼らない、すなわち、既存の倫理を『本当にそれでいいのだろうか』と前向きに疑い、自分で納得のいく答えを求めていく」という精神的態度から出てくる。

汚染牛乳を安全な牛乳に混入したり、それを出荷している現場を見たわけではないので真偽のほどは分かりません。
しかし、過去の食品製造/販売にまつわる法令違反(コンプライアンス違反)を考えれば、このようなことが実際に起こっても不思議はありません。

今の日本に欠けているのは「自分の良心や思想に従った自律的な生き方から出てくる反省的な倫理(或いは道徳)」だと私は考えます。

◆放射性物質で汚染された牛乳を出荷している人がいたとしたら、伝えたい。
 「本当にそれでいいのですか?」
◆汚染食品が市場に出回っていることを知っている人がいたとしたら、伝えたい。
 「本当にそれでいいのですか?」

(中沢努 http://www.pensee.co.jp/peculiarity/index.html 「<深く考える>序開き」の内容をコラム用に書き換え)

コピペご遠慮下さい
    無料利用の方法
 http://profile.ne.jp/w/c-136344/ 


【コンプライアンス問題が起こった企業へ】
  コンプライアンスの 分かっちゃいるけどできない (-。-;)  を何とかするために

本コラム筆者の指導を受けてみませんか?
 (1)
  倫理の本質」と「人間の視点による強烈な研修
    A.強烈研修 (社長・役員・取締役 )http://www.pensee.co.jp/sercive/compliance_consul.html
    B.強烈研修 (管理職・リーダー) http://www.pensee.co.jp/sercive/compliance.html
    C.強烈研修 (全社員 )http://www.pensee.co.jp/sercive/compliance_staff.html

 (2)
  コンプライアンスを守るため 必要なのは「人間性の回復」と「人間力の強化」
   ◆  プラトン、カント、ヘーゲル 「人格」 http://www.pensee.co.jp/sercive/character.html
   ◆  ソクラテス、デカルト、ベーコン 「思考」 http://www.pensee.co.jp/sercive/philosophy.html
   ◆  マルクス、フッサール、実存主義 「行動」 http://www.pensee.co.jp/sercive/action.html
   ◆  どう生き・どう死にたいか、を考える  http://www.pensee.co.jp/sercive/career.html

(3)
 コンプライアンスのための資料 (500タイトル以上)
  http://www.pensee.co.jp/archive/index.html


<本コラムをご覧の全ての企業、全ての個人の方へ-大切なお願い>
 ◆ このコラムを含め 弊社の表現物を社内で利用したい時は、ご相談をお願いします
  理由・ワケ→ http://profile.ne.jp/w/c-136344/ 


<筆者 コラム等>
 https://plus.google.com/u/0/b/116680261353078113011/116680261353078113011/posts
(Twitter) https://twitter.com/p_nakazawa

<その他>
・コンプライアンス違反の背景、違反組織の特徴、他 http://www.cmp-akademeia.jp/ 
・コンプライアンス違反者の心理、違反を招く行動例、他 http://www.cmp-akademeia.jp/2nd/index.html
・コンプライアンス強化術 http://www.cmp-akademeia.jp/3rd/index.html
・コンプライアンス違反事例 http://www.cmp-akademeia.jp/4th/index.html
・コンプライアンス理解の秘訣 http://www.cmp-akademeia.jp/5th/index.html
・コンプライアンス違反をする人ってどんな人? http://www.cmp-akademeia.jp/6th/index.html

<SNS>
 ◆ フェイスブック https://www.facebook.com/PenseeSauvageAndCompany
 ◆ Google+  https://plus.google.com/u/0/b/116680261353078113011/116680261353078113011/posts
 ◆ LinkedIn  https://jp.linkedin.com/in/penseenakazawa


【問題発生企業専門】
   コンプライアンスの 分かっちゃいるけどできない (-。-;)  を何とかする会社
   コンプライアンスコンサルティング/コンプライアンス研修/コンプライアンス講演、他
   パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー( http://www.pensee.co.jp/ )

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / コンサルタント・研修講師・講演講師)
パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー 代表

「お客様を深く考えさせる」・・知識でなく「体験」を提供します

これまでの20年で見えてきたのは、「小さいこと」を変えないままで「大きいこと」を変えようとする企業の姿。私が教えるのは「なぜ、そうなるのか」ということです。当たり前のことができていないことを気づかせ、どうしたら良いかを考えさせます。

カテゴリ 「中沢努 「<深く考える>序開き」 抜粋」のコラム

このコラムに類似したコラム

あなたの代わりにコンプライアンス研修資料を作ります 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2017/10/16 15:00)

コンプライアンスに必要なのは「意識改革」 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2017/10/13 14:10)

こういう会社はコンプライアンスを実現できない 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2017/10/10 12:44)

コンプライアンスを守る教育設計のポイント 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2017/10/05 10:00)

飽きられないコンプライアンス研修資料 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2017/09/12 10:28)