内言によるエレンコス(問答) 講座 ‐その8‐ - コンプライアンス研修 - 専門家プロファイル

パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー 代表
東京都
コンサルタント・研修講師・講演講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:顧客満足・コンプライアンス研修

藍色 シアン
藍色 シアン
(メンタルヘルスコンサルタント)
藍色 シアン
(メンタルヘルスコンサルタント)
藍色 シアン
(メンタルヘルスコンサルタント)

閲覧数順 2019年07月17日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

内言によるエレンコス(問答) 講座 ‐その8‐

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 顧客満足・コンプライアンス研修
  3. コンプライアンス研修
中沢努 「<深く考える>序開き」 抜粋

   (注)内言=無音の心の中の言葉、エレンコス=反駁的な対話や問答

皆さん
規則やノルマに縛られるのって好きですか?
・・・嫌ですよね。

では、「自由」って好きですか?
・・・好きですよね。

誰かや何かに“縛られる”より、誰にも/何にも“縛られない”方がいいですよね。

でもこの自由。
本当はものすごく「不自由」だってこと、知っていますか?

「言葉遊び」かって?
いえいえ、違います。

「自由であるということは不自由であるということ以外の何ものでもない」のです。

**************************************************
エピクロスというギリシアの哲学者は快楽主義者だ。
快楽主義者であるから快楽を良きものとして捉え、快楽を推奨した。

あり得ない話しだが、もしあなたの前にエピクロスが現れ、あなたに快楽主義を説き勧めたらあなたは嬉しいか?
私は嬉しくもありちょっと残念でもある。

なぜなら、エピクロスの快楽主義は「禁欲的な快楽主義」だからである。

エピクロスは快楽を「刹那的な快楽」と「永続的な快楽」に分けた。
そして、刹那的な快楽を否定し、永続的な快楽を肯定した。

アタラクシアとは「心の平静」、すなわち心が静かである状態を言う。

エピクロスの教えに従えば“酒池肉林”で想像する・・・金/地位/酒/女(或いは男)・・・そして高級車やブランド品などの「俗っぽい快楽」を求めるのは本物の快楽主義者でないことになる。

・もっと儲けようと野心溢れる起業家
・誰もが羨む巨大企業の経営者
・美食に走るセレブリティ
・そして、そういう成功者を見て羨ましく思う私たちのスケベ心。

地位や金を持った成功者が煩悩に負け、堕ちていく例は枚挙に遑が無い。

表立って堕ちていなくても、そういう人たちの内面は概して平静ではない(だろう)。
欲が欲を生むからだ。 

本当の快楽はそういうスケベ心を断って、或いはそれに自分がのみ込まれないように自分を律して、はじめて得られる。

さて、あなたは本物の快楽を追っているだろうか?
それとも、偽物の快楽を追っているだろうか?

(出典)
http://profile.ne.jp/pf/pensee-tsutomu-nakazawa/c/c-46426/
**************************************************

自由がなぜ不自由か、わかったでしょう?
えっ、わからない?

いやいや、わかりますよ。
本当の快楽は煩悩を断って、或いはそれに自分がのみ込まれないように自分を律して、はじめて得られる。
つまり、本当の快楽を得るには自分を律しなくてはならないわけです。

自由も同じです。
誰かや何かに“縛られる”代わりに、自分で自分を“縛らねば”ならない。

ほら、「自由」って「不自由」でしょう?


内言によるエレンコス講座は、いわゆる「読み物」ではありません。
これは「思考の練習帳」です。
「自分に」問いかけ、「自分で」考えて下さい。

【ワーク1】
社会の規則やルールの中で、あなたが「嫌だ」とか「鬱陶しい」と思うものは何ですか?

【ワーク2】
もし、明日からその規則/ルールが無くなったとしたら、社会はどうなりそうですか?

【ワーク3】
職場の規則やルールの中で、あなたが「嫌だ」とか「鬱陶しい」と思うものは何ですか?

【ワーク4】
もし、明日からその規則/ルールが無くなったとしたら、職場はどうなりそうですか?

【ワーク5】
あなたが挙げた「(あなたの)嫌だとか鬱陶しいと思う規則やルール」を無くすためには、「誰に、何が」必要だと思いますか?

(無断転載や無断複製禁止)
 中沢努  「人間としてのコンプライアンス原論」の内容をコラム用に書き換え

※ これは、弊社が行っている教育やコンサルティング で実際に使用しているものです。
(クリックで別サイトが開きます)


コンプライアンスコンサルティング/コンプライアンス研修/コンプライアンス講演、他
パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー( http://www.pensee.co.jp/ 、http://pensee-cmp.com/

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / コンサルタント・研修講師・講演講師)
パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー 代表

「お客様を深く考えさせる」・・知識でなく「体験」を提供します

これまでの20年で見えてきたのは、「小さいこと」を変えないままで「大きいこと」を変えようとする企業の姿。私が教えるのは「なぜ、そうなるのか」ということです。当たり前のことができていないことを気づかせ、どうしたら良いかを考えさせます。

カテゴリ 「中沢努 「<深く考える>序開き」 抜粋」のコラム

このコラムに類似したコラム

職場を前向きにするコンプライアンス研修 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2019/07/11 10:05)

規則を教えるコンプライアンス研修は逆効果をもたらす 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2019/07/09 11:05)

コンプライアンス研修の例 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2019/07/03 11:03)

コンプライアンスを定着させるポイント 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2019/07/02 10:47)

コンプライアンス、こうすれば不正が減る 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2019/07/01 11:20)