住宅ローン金利と我々のリスク・プレミアム (3) - 資産運用・管理 - 専門家プロファイル

吉野 充巨
オフィスマイエフ・ピー 代表
東京都
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

上津原 章
上津原 章
(ファイナンシャルプランナー)
吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
前田 紳詞
(ファイナンシャルプランナー)
久保 逸郎
(老後のお金の不安解消アドバイザー)

閲覧数順 2017年09月20日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅ローン金利と我々のリスク・プレミアム (3)

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. 資産運用・管理
資産運用の原則 借入金とリスクプレミアム
リスクというのは、リターンを得る対象の商品の価格がぶれる幅を言います。

国内株式の期待リターンは6%、標準偏差(リスク)21.0%、2標準偏差(最悪ケースのぶれ)は36.0%とされています。 (週刊ダイヤモンド07.06.18号引用)これは68%の確立で、−15%〜27%のリターンを得られるというものです。最悪ケースでは−42%の損失を覚悟して運用することを前提としています。

このように考えると、借入金を返済せずに資金を運用する場合、かなりなリスクプレミアムを必要とします。

私の使用している期待収益率が4.25%(国内外の債券と株式に均等投資)ですので、最低4.0%ノリスク・プレミアムを乗せたいと考えます。
従って運用の目標値は3.0%+4.0%=7.0%になります。これだけ高い収益率があって初めて返済と同等の価値になります。
貴方のリスク・プレミアムはいくらでしょう?