「吹き抜けを上手に取り入れるための6つのポイント」【光を抱く家】掲載 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

西島正樹/プライム一級建築士事務所 建築家
東京都
建築家
03-3354-8204
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「吹き抜けを上手に取り入れるための6つのポイント」【光を抱く家】掲載

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
作品掲載

homifyのマガジン欄に
【光を抱く家】が掲載されました。


「吹き抜けを上手に取り入れるための6つのポイント」がテーマの特集です。


冒頭
「吹き抜けを住まいにも取り入れて、明るく開放的な室内にしたいという方も多いと思います。しかし、どんなかたちでもいいからあればいいというわけではありませんし、無理にスペースを割くと、あまり効果的でなかったり、他の部屋が無駄に小さくなってしまうことにもなりかねません。そこで今回は、吹き抜けを上手に取り入れるためのポイントを紹介していきたいと思います。」という文とともに始まります。

【光を抱く家】は
『吹き抜けを上手に取り入れるためにまず考えたいことはその大きさでしょう。これはどれくらいの大きさがあれば十分と言えるわけではなく、部屋の大きさにも関係してきます。また、幅が十分に確保できても奥行きが狭くては吹き抜けの魅力も発揮されません。吹き抜けを大きく取ることで上の階の床面積が減ってしまうことを心配するかもしれませんが、出来るだけ部屋に対して吹き抜けは大きく取っていくことが大切になると思います。』
と紹介されています。

6つの吹抜けを取り入れるポイントが紹介されています。
よろしかったら、ご覧下さい。
(【光を抱く家】は1つめに登場します。)














カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
西島正樹/プライム一級建築士事務所 建築家

一人ひとりの生き方と呼応し、内面を健やかに育む住宅を

家づくりを大切に考えることは、生き方を大切に考えることにつながるのではないでしょうか。一人ひとりの生き方、考え方に呼応してこそ、住む人の心を育む建築空間が生まれます。この世にひとつだけの家づくり。ぜひ、ご一緒できればと願っています。

03-3354-8204
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「作品掲載」のコラム

このコラムに類似したコラム

『三角形の家5選』【トライアングル・ハウス】掲載 西島 正樹 - 建築家(2020/03/09 20:38)

これまでの雑誌への掲載など 野瀬 有紀子 - 一級建築士 インテリアコーディネーター(2016/08/03 20:57)

【柿の木を抱く家】雑誌掲載されました 西島 正樹 - 建築家(2014/04/24 15:25)

界隈の分断・高輪ゲートウェイ駅周辺 岩間 隆司 - 建築家(2020/06/12 10:49)