カナダ高校・中学留学を考えている親の方へ - カナダの最近の人種問題は大きなマイナス - 海外留学・ホームステイ - 専門家プロファイル

Super World Club 代表
カナダ留学・クリティカルシンキング専門家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:海外留学・外国文化

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学・クリティカルシンキング専門家)
大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学・クリティカルシンキング専門家)
吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
大澤 眞知子
(カナダ留学・クリティカルシンキング専門家)

閲覧数順 2018年12月12日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

カナダ高校・中学留学を考えている親の方へ - カナダの最近の人種問題は大きなマイナス

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 海外留学・外国文化
  3. 海外留学・ホームステイ
留学 大学・高校正規留学

留学前のご相談で一番多いのが「カナダのどの地域のどの学校がいいですか?」です。

留学する本人の能力・適性・目的、また親が留学にもとめているものなどを無視し、ただ単に一般的なお勧めは不可能だといつもお話します。

ただ、ここは気をつけて下さい、ここは止めた方が無難という、消去法に近い情報はかなりお役に立つと考えコラムでご紹介中です。

 

最近では、トロント学区の人種偏見St Michael’s などに端を発した私立高校の腐った内部事情モントリオールの人種偏見・不寛容的態度ノバスコシアの暴力体質など、残念ながら次々に消し去るべき地域、学校が出てきているのは残念なことです。


更に残念なニュースが発表されていました。(CBCニュース

人種偏見、差別、異なるものを差別し憎しみを現すHate Crimeが、2017年過去最高の発生率を記録したそうです。


アメリカはHate Crimeの温床なのはご存知と思いますが、カナダは明確にHate Crimeを法律で定義しており、量刑も非常に重いものとなっています。

それにも関わらず。。です。

トランプの腐った人種差別が、カナダにも流れてきている現状を写し出す今のカナダ事情には、本当に残念な気持ちです。

特に増加率が高いのが、やはりモントリオールのあるケベック州と、トロントやオタワのあるオンタリオ州です。

 

特に、表立ったHate Crimeは、イスラム教の移民、ユダヤ系移民など、白人社会から見て歴史的に敵対していた民族を対象としています。

イスラムのモスクが銃撃され、6名が亡くなったことも2017年の悲しい出来事でした。

軽微なHate Crimeもトロント地域では180件以上報告されています。

家や車に落書きをしたり、壊したりの犯罪です。

 

じゃぁ、アジアや日本からの留学生はHate Crimeの対象ではないか?というと。

残念ながら、目標として狙われる人種というより、存在自体が無視されることが多々あります。

余りにも増えた中国人のマナーに眉をひそめる白人たちが、日本人を見ても「アジア人蔑視」の目を向けることもあります。

 

ウェブサイトの相談コーナーにもこのような体験が載っていました。

『クラスメイトからの人種差別: カナダに留学中ですが、ヨーロッパから来たクラスメイトに階段で会った際に「アジア人はこの階に来るな!」と言われました。冗談かと思ってスルーしましたが、教室で会った際も「ルール破りやがって、俺はここを綺麗に保ちたいんだ」と強い口調で言われました。表情的に本気でしたので、冗談じゃないと悟りました。』

 

F…ing Asian!!と罵られた事件の相談も受けたことがあります。

Yellow monkey~~~と、高校留学生が白人不良に追っかけられた事件もありました。

学校やスクールボードなどを訪問しても、「あ〜日本人」という態度で放ったらかされる事もあります。

「英語の出来ない、マナーの悪いアジア人」という偏見が大きくなっている気がします。

 

英語の国に留学させたら、将来英語が出来るようになる。。。

日本の学校よりカナダの学校の方がいいかも。。。

など、安易な考えで子供さんの留学をお考えの親のみなさん。

 

大事な子供さんを手放す前に、この記事を繰り返し読んでいただきたいと思います。

もし、カナダで子供さんがHate Crimeの犠牲になる可能性があるとしても、送りますか?

中学生・高校生の未成年には自分だけでは対処できない大きな問題です。

 

私はカナダ在住で、30年近くカナダで日本人留学生の相談に応じています。

その立場からカナダの情報をお伝えしていますが、アメリカはカナダの何倍ものマイナス要因が転がっています。

この今、トランプアメリカに子供を送ることは問題外だと強く感じていますので、念のため付け加えておきます。

 

留学先に夢物語のような環境を求める日本の親のみなさん。

親元を離れた外の世界は、決して安全な場所ではありませんよ。

大切な子供さんを、わざわざ危険な場所に手放す前に、現実を認識し、賢明な選択をなさることをお願い致します。

Be Careful!

_____________________________ 

Englishの授業に困っているカナダ高校留学中のみなさん。

カナダの日本人留学生を長年助けて来たこのオンラインプログラム"Essay Writing”で、学校生活が一変しますよ。

Engishの授業が楽しくなりますからね。

人種偏見で困っている場合もご相談下さい。

 

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(カナダ留学・クリティカルシンキング専門家)
Super World Club 代表

カナダにいらっしゃい!

Edmonton, Canada 在住。カナダ高校留学の裏側を発信、迷っている日本人留学生支援を行っています。また、日本の子供向けクリティカルシンキング指導オンラインスクール開講中。

カテゴリ 「留学」のコラム

カテゴリ このコラムに関連するサービス

メール相談 英語エッセイーカナダからオンライン指導無料体験

エッセイの本場カナダからのオンライン講座ー無料体験版

料金
無料

多くの日本人生徒をエッセイの達人に育てたカナダの専門家Robert McMillanが、オリジナルプログラムをオンライン化。 基本をひとつづつ理解している過程を無料体験出来ます。

英語エッセイーカナダからオンライン指導無料体験

このコラムに類似したコラム

カナダ・モントリオールの人種差別事情ー留学希望の方への情報 大澤 眞知子 - カナダ留学・クリティカルシンキング専門家(2018/11/29 08:23)

カナダのSt. Michael's など私立高校への留学の危険性(3) 大澤 眞知子 - カナダ留学・クリティカルシンキング専門家(2018/11/28 07:32)

カナダのSt. Michael's College Schoolなど私立高校留学への警告(2) 大澤 眞知子 - カナダ留学・クリティカルシンキング専門家(2018/11/21 04:38)

カナダの名門私立高校やボーディングスクール留学への警告 大澤 眞知子 - カナダ留学・クリティカルシンキング専門家(2018/11/20 08:45)

ノバスコシア高校留学はお勧めしませんーこんな暴力教師が野放し 大澤 眞知子 - カナダ留学・クリティカルシンキング専門家(2018/11/14 04:09)