太陽光発電に蓄電池を後付けしたいという方へ - 太陽光発電・太陽熱温水器 - 専門家プロファイル

株式会社和上ホールディングス 代表取締役
大阪府
住宅設備コーディネーター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設備

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

太陽光発電に蓄電池を後付けしたいという方へ

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設備
  3. 太陽光発電・太陽熱温水器

太陽光発電システムは、蓄電池とセットにすることによって余剰電力を蓄電池に貯めて夜間に利用し、光熱費を抑えることができるようになります。また、家庭で電力作り、それを利用するようにすれば電力を電力会社に依存せず、自立したものにすることができるため、災害時にも有効です。

そのため太陽光発電システムと家庭用蓄電池を同時に導入することを考える人が多くいます。しかし太陽光発電システムと家庭用蓄電池を同時に導入する場合、多くの費用がかかるため、まず太陽光発電システムを導入してから家庭用蓄電池を後付けで導入しようとする人もいます。また、太陽光発電システムを導入後に蓄電池を併用するメリットを知り、蓄電池を後付けで導入しようと考える人もいるでしょう。

しかし、既存の太陽光発電システムに家庭用蓄電池を後付けする場合、既設のパワーコンディショナーを取り換える必要があるため、導入費用が高くなってしまい、簡単に考えることができることではないといっていいでしょう。ですが最近は後から蓄電池を設置することができる太陽光発電システムが発売されています。

そのような太陽光発電システムを利用していれば、蓄電池を後付けすることを考えることができます。また蓄電池を後付けできる太陽光発電システムでは、蓄電池をさらに追加して蓄電量を増やすことができるものもあります。

そのような太陽光発電システムを利用すれば、初期費用を抑えることができますし、さらに段階的に費用をかけて、電力会社に依存したい電力環境をつくることも考えることができます。

そのため太陽光発電システムと蓄電池については、太陽光発電システムと蓄電池を同時に導入するか、まず太陽光発電システムを導入し、その後蓄電池を後付けするか、それとも蓄電池を使用しないかを最初に検討しておいた方がよいでしょう。

目的に合わせて、その目的と実現する機器を選ぶようにすれば、トラブルも少なく、余分な費用をかけることなく、希望する環境を作り出すことができます。

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 住宅設備コーディネーター)
株式会社和上ホールディングス 代表取締役

太陽光発電とオール電化を追及するプロフェッショナル

私たちはオール電化・太陽光発電のご相談、お問合せを全国から頂いており、その数は年間1000件以上にもなります。業界の動向や評判、お悩みのひとつひとつにお答えできる情報を発信し、全てのご家庭、そして地球環境に貢献したいと考えています。

このコラムに類似したコラム

蓄電池の雄、パナソニックのシステムについて 石橋 大右 - 住宅設備コーディネーター(2018/06/19 22:00)

蓄電池を設置している場合の売電事情 石橋 大右 - 住宅設備コーディネーター(2018/04/15 17:00)

お金という視点で蓄電池を考えてみましょう 石橋 大右 - 住宅設備コーディネーター(2018/01/30 18:47)

太陽光発電+蓄電池のメリットまとめ 石橋 大右 - 住宅設備コーディネーター(2017/12/28 11:07)

蓄電池は高い!とお感じの方のための補助金に関する情報 石橋 大右 - 住宅設備コーディネーター(2017/12/06 15:00)