蓄電池の雄、パナソニックのシステムについて - 太陽光発電・太陽熱温水器 - 専門家プロファイル

株式会社和上ホールディングス 代表取締役
大阪府
住宅設備コーディネーター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設備

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

蓄電池の雄、パナソニックのシステムについて

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設備
  3. 太陽光発電・太陽熱温水器

住宅用蓄電池は、太陽光発電システムとセットにすることによって、災害時に住宅の電力を賄ったり、月々の電力料金を軽減することができることから注目が集まっていますが、導入を検討する場合、住宅の電力事情にあった蓄電池を導入することが大事です。 

蓄電池にはリチウムイオン蓄電池や鉛蓄電池、ニッケル・水素電池といった種類がありますが、住宅用蓄電池として使用されているのはリチウムイオン蓄電池です。そして住宅用蓄電池にはポータルタイプのものと定置型のものがあり、太陽光発電システムとセットにして住宅の電力を賄う場合は、定置型の蓄電池が使用されます。蓄電池は蓄電容量によってサイズや価格が大きく異なります。そのため導入費用を抑えるには、住宅の電力消費に合わせた蓄電池を選ぶことが大事なのです。 

住宅用蓄電池は、いくつかのメーカーが製造を行っていますが、そのひとつが蓄電池の雄であるパナソニックです。
パナソニックでは蓄電量が1~11.2kWhという様々なモデルをラインナップしており、蓄電池のモデルによって機能も異なります。例えばパナソニックでは住宅用蓄電池として創蓄連携システムとリチウムイオン蓄電盤があり、創蓄連携システムは平常時も災害などによる停電のときも太陽光発電システムで作り出した電力をフル活用することができる蓄電池です。創蓄連携システムは太陽光発電システムと蓄電池を同時に導入すると割安になるため、同時導入を検討している人にはお得なセットです。蓄電容量は5.6kWhと11.2kWhのものがあり、5.6kWhのものは自立型と壁掛けタイプが用意されています。 

一方、リチウムイオン蓄電盤は、停電のときは必要最低限の電化製品を利用する機能を有した蓄電池です。リチウムイオン蓄電盤の特徴は普段の電気代節約をサポートすることです。蓄電容量は1kWhで、住宅分電盤のような壁掛けタイプのため、置き場所を考えずにすみます。停電時には自動で給電を行うため、停電中の暗さの中でスイッチを探すといった心配もなく、便利です。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 住宅設備コーディネーター)
株式会社和上ホールディングス 代表取締役

太陽光発電とオール電化を追及するプロフェッショナル

私たちはオール電化・太陽光発電のご相談、お問合せを全国から頂いており、その数は年間1000件以上にもなります。業界の動向や評判、お悩みのひとつひとつにお答えできる情報を発信し、全てのご家庭、そして地球環境に貢献したいと考えています。

このコラムに類似したコラム

蓄電池は後付けすることができます 石橋 大右 - 住宅設備コーディネーター(2018/08/29 13:00)

蓄電池の主要メーカー、パナソニック実力 石橋 大右 - 住宅設備コーディネーター(2018/08/16 12:00)

蓄電池を設置している場合の売電事情 石橋 大右 - 住宅設備コーディネーター(2018/04/15 17:00)

太陽光発電に蓄電池を後付けしたいという方へ 石橋 大右 - 住宅設備コーディネーター(2018/03/31 16:25)

お金という視点で蓄電池を考えてみましょう 石橋 大右 - 住宅設備コーディネーター(2018/01/30 18:47)