相続で配偶者に居住権   民法改正へ改正案提出 - 遺産相続全般 - 専門家プロファイル

みなとアセットマネジメント株式会社 
東京都
不動産業
03-3442-2709
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:遺産相続

高島 一寛
高島 一寛
(司法書士)
高島 一寛
高島 一寛
(司法書士)
村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
竹内 敬雄
(不動産コンサルタント)

閲覧数順 2018年10月19日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

相続で配偶者に居住権   民法改正へ改正案提出

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 遺産相続
  3. 遺産相続全般

法務省は16日、死亡した人(被相続人)の遺産分割で配偶者の優遇を図る民法改正案を22日召集の通常国会に
提出する方針を固めたそうです。


現在は高齢の夫婦のどちらかが亡くなられた場合、残される配偶者はその相続財産や遺産分割の結果によっては自宅を売却して住み慣れた家を出なければならない状況に追い込まれるケースがあります。


例えば、子供のいない夫婦の場合等がそれに該当します。夫が先に亡くなり、妻が残された場合に子供のいない夫婦の場合には夫の親族も相続人となります。


相続資産のほとんどが不動産と言う場合等はその遺産分割をするにあたって、残される妻が不動産を売却を迫られる可能性がありました。


実際、それに近い話は結構あります。


それが今回の様に、配偶者に居住権を認めるとなると弱者保護に一歩前進です。


また、要綱案では被相続人の親族以外(相続人の介護を行った相続人の妻(長男の妻など))が相続人に相続財産を請求出来る等画期的な案も含まれているそうです。


今までは長男の嫁が姑の介護をしたが相続には殆ど全く考慮されて無かったのとは大きく変わりそうです。


なかなか認められなかった寄与分(特別の寄与)が拡大されるという感じですかね。


相続問題全般について私も執筆している本を読んでみてください。
http://www.fudosansouzoku.com/campaign1/

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 不動産業)
みなとアセットマネジメント株式会社 

みなとアセットマネジメントの向井啓和 不動産投資のプロ

東京圏の資産価値が下がりにくい高収益物件の一棟買いなら弊社にお任せください。資金計画から損害保険まで一貫した不動産投資アドバイスを行います。また、金融機関出身の向井啓和の経験を活かし銀行からの投資用ローン融資提供します。フルローン相談

03-3442-2709
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
「相続 専門家プロファイル」相続に関する悩みについて、無料で専門家に一括相談!

このコラムに類似したコラム

民法、相続ルールの大規模改正へ(4) 高原 誠 - 税理士(2016/02/22 19:23)

民法、相続ルールの大規模改正へ(3) 高原 誠 - 税理士(2016/02/15 19:01)

民法、相続ルールの大規模改正へ(1) 高原 誠 - 税理士(2016/02/10 20:19)

遺産分割の切り出しは慎重に 西村 和敏 - ファイナンシャルプランナー(2015/08/09 09:52)

配偶者が亡くなったときにやるべきことの研修セミナーを終えて|東京都 明石 久美 - ファイナンシャルプランナー(2014/04/16 08:00)