行き着くところ、「女性はパンツよりスカート」 - ファッションとダイエット - 専門家プロファイル

ボディメイクスタジオCharmBody 代表
東京都
ボディメイクトレーナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ダイエット

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

行き着くところ、「女性はパンツよりスカート」

- good

  1. 美容・ファッション
  2. ダイエット
  3. ファッションとダイエット

こんにちは!
モデルボディメイクトレーナーの
佐久間健一です。


ファッション誌やファッションサイト、
目玉となる部分に必ず押さえられる
パンツよりスカート

女性だけのスタイルということからも
絶対に廃れることはありません。
しかし、穿くことを諦める女性は
むしろ増えている傾向にあります。。



膝上ー膝下のサイズ感
この時期のスカートといえば、
嫌でも膝上ー膝下が露出されるもの。

言い換えると
この部位の形に自信がないと
なかなか穿けないもの。

そして、足の悩みで増えているのが
まさに、膝上ー膝下のお肉となります。





なぜ増える?足の悩み
これらの部位にサイズが出るのは
お腹の柔軟性不足
ヒップの柔軟性不足
必ずこの2点が原因となります。

これは歩くときに
若干膝が曲がった姿勢
踵よりの重心位置
を引き出し、歩く度に足の筋トレ!
をしているようなもの。

運動、食事、揉んだり、さすったり、
いくらしたところで、
日常毎日負担がかかっていては
変わるものも変わりません。。





スカート派にチェンジ!膝上ー膝下ケア
これらの部分を的確に痩せるには
日常の足の負担を取り除くこと。

つまり、ヒップの柔軟性ーお腹の柔軟性
ここを整えることで、
不自然な足の太さの軽減につながります。

膝上ー膝下ケアエクササイズ
本日は動画でお楽しみください。


肘をついた姿勢の維持
→腹筋を鍛える!ではなく、
お腹のストレッチが目的。
猫背姿勢等で丸まりがちなお腹が
伸ばされ柔軟性がアップします。

足首を支点に膝を開く
ヒップ横、上が刺激され
柔軟性がアップします。

この2点が歩くときの足の負担を担い、
膝周りが太くなる原因を改善します。


すでに選択肢は
パンツスタイルの中しかない!

と思い込んでる女性は
ご参考にしてください。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ボディメイクトレーナー)
ボディメイクスタジオCharmBody 代表

モデルボディメイク

2016ミスユニバースジャパン日本代表公式コーチ2016ミスユニバースジャパン日本大会BC講師。元ミスワールド日本代表ボディメイクトレーナー2016ミスインターナショナル世界大会公式パートナー

このコラムに類似したコラム

〇〇な女性はキレイを解き放っている!2 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2016/03/01 14:00)

○低気圧ー高気圧の波が激しく 自律神経が乱れる環境ストレス 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2017/03/01 16:00)

モデルボディメイク協会 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2015/10/31 12:00)

女性ファッション誌「やせる!ポップティーン」監修 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2015/06/08 11:00)

オフショルダーの「ヘルシーデコルテ」 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2015/04/26 19:00)