【お尻について】お尻の両サイドの凹み など - 姿勢・ウォーキング - 専門家プロファイル

YURUKUウォーク 代表取締役
東京都
マスターウォーキングインストラクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:イメージコンサルティング

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【お尻について】お尻の両サイドの凹み など

- good

  1. 美容・ファッション
  2. イメージコンサルティング
  3. 姿勢・ウォーキング
歩くことは生きること
YURUKU®ウォーク
(前Noriko式ウォーキング)考案者
Norikoです。

お尻についてお話します。
昨日はパーソナルレッスンだったのですが
上半身の位置が定まらず足の動きも何となく鈍いそんな印象だったので姿勢をチェック。

どう見てもお尻を締めている
ご本人にお尻 締めていませんか?と お聞きすると
えっ?わかりません。
無意識で力を入れておられたのです。
自分ではわからなかったです〜
大丈夫です!わかったのですからやめていくだけです!

お尻に力を入れていると上半身の位置が定まらず脚の動きが鈍くなり
締めているお尻の筋肉の拮抗筋にあたる大腰筋もカチカチになってしまいます。
お尻・太ももの裏(ハムストリング)・腰など だるくなったり痛くなることもあります。

また
大腿骨が内旋した脚の歪みがある状態で骨盤を立てようとしてお尻を締めることを続けていたら
お尻の両サイドが凹んできます。
姿勢をとるときお尻は締めません。

お尻を締めないと骨盤が前傾してお腹がポッコリする場合は
そうなる原因を解決していく必要がありますよ。

バランス脚の歪みの解消呼吸法 です。
体のどこかにずっと力を入れておかなければ姿勢が維持できないというのはバランスが悪い証拠です。
筋力が弱いからと一生懸命鍛えても
バランスの悪さを解消しない限り
倒れそうな体を起こすために力を込めないといけない状態のままであることには変わりありません。

以前ブログに書いたお尻のお話
『ここ ふっくらしてる?』http://ameblo.jp/bjwalking/entry-12256578074.html

もご参考に。

お尻年齢が上がっても丸い形になれます!
年をとったら四角くなるのが当たり前。。。なんて思わないで!
一緒にいくつになっても機能的美脚とぷりぷりヒップ目指しましょう!!ビタミンカラーが好き♡



■YURUKU®のセミナーについてどんなセミナーがあるの?何から受講するの?http://ameblo.jp/bjwalking/entry-12247970511.html

メルマガ読者登録『それぞれのYURUKU®』YURUKU®考案者Norikoと公認インストラクターたちがカッコつけずに ありのままに書いたリレー メールマガジンです。https://sv3.mgzn.jp/sys/reg.php?cid=P612128


【人気記事まとめ】Norikoの身体の変化や考え方姿勢や歩き方・美脚・ダイエット身体の不調についての あれこれ▼▼▼http://s.ameblo.jp/bjwalking/entry-12213292092.html

information
YURUKU®無料会員登録
YURUKU®セミナーについて
Norikoセミナー一覧
YURUKU®公式セミナー

◾︎
ご受講者の声
◾︎
Norikoの身体機能について
◾︎Norikoの変化
◾︎YURUKU®の歴史
◾︎YURUKU®って何?



 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / マスターウォーキングインストラクター)
YURUKUウォーク 代表取締役

歩くことは生きること~生きる喜びをともに

日常の自然な歩き方「YURUKUウォーク」考案者。筋トレやストレッチを必要としない独自メソッドで、受講生は10000人以上、インストラクターは150人を超えました。近年はオリンピック代表選手のパーソナルレッスンや企業の健康指導など多岐に渡り活動中です。