薄々感じている「太らない体質にはなれない」の真実 - ファッションとダイエット - 専門家プロファイル

ボディメイクスタジオCharmBody 代表
東京都
ボディメイクトレーナー
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

薄々感じている「太らない体質にはなれない」の真実

- good

  1. 美容・ファッション
  2. ダイエット
  3. ファッションとダイエット




元々の嗜好は変わらない!

食べても太らない身体に
食べたものを消費できる体質に


そのために
パサパサしたタンパク質だけ
糖質カット、野菜だけなんて、
正直くだらないし、時間の無駄です、、

貧血になるほどの重い筋トレ
長時間の有酸素運動。

この裏には
体が変わることで嗜好が変わる!
というかすかな希望のみがあります。

身体が変われば
甘いものを食べたくなくなる!
食事選びで甘いものは控えるようになる!
自主的に運動するようになる!


ここが落とし穴。
これらは単にスポーツ経験者や
競技で目標立てしている人の思考。

トレーナー、美容関係者だから
自分の管理は出来て当たり前。
それはそう。それが仕事だからです。

そういう大義名分がない
甘いもの大好きなダイエッターに
同じことを求めるのか???

「はぁ、」とため息が出ます。

僕は19歳から摂食障害や夢遊病等で
無意識に食べてしまうなどの人を
主治医と提携して何千件も見てきたので、
断言します。無理です。


甘いもの大好きな嗜好を変えるには
アスリートか体型、体重を仕事にして
精神的に追い詰めるしか無い方法はない。

それに該当するのは
ダイエットしている女性の2%程度。

後の98%の女性は、
これらを無理矢理押し付けられ
永遠にダイエットに悩みます。



一生に1回の人生で、食事は365日。
日々の女性にかさむストレスや
本当に好きなものを我慢すること。
でもキレイになりたい!の欲求。


パーソナルトレーニングジムや
痩身エステ、ダイエット関連企業が
それをどこまで深く分かってあげられるか?

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ボディメイクトレーナー)
ボディメイクスタジオCharmBody 代表

モデルボディメイク

2016ミスユニバースジャパン日本代表公式コーチ2016ミスユニバースジャパン日本大会BC講師。元ミスワールド日本代表ボディメイクトレーナー2016ミスインターナショナル世界大会公式パートナー

このコラムに類似したコラム

夏の!モデル体型ボディメイクダイエット 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2017/08/10 20:00)

「痩せたのに、皮膚がたるむ」を防ぐ2つのポイント 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2017/07/17 22:00)

夏の!モデル体型ボディメイクダイエット 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2017/07/06 22:00)

一大事!くるぶし太り2つの原因 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2017/06/08 23:00)

テレ朝特番!ぽっちゃりママのダイエット奮闘記 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2017/04/24 14:00)