モラルハラスメントの対応方法は? - 夫婦問題全般 - 専門家プロファイル

弁護士法人アルテ 代表弁護士
兵庫県
弁護士
06-6435-8309
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:夫婦問題

高草木 陽光
高草木 陽光
(夫婦問題カウンセラー)
小林 美智子
小林 美智子
(夫婦問題カウンセラー)
小林 美智子
(夫婦問題カウンセラー)

閲覧数順 2017年10月19日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

モラルハラスメントの対応方法は?

- good

モラルハラスメントは、加害者の生い立ち、性格、属性等によるところが大きいので、改善することは難しく、放って置くとエスカレートする傾向があります。

モラルハラスメントの被害がひどい場合には、まず、加害者と別居するなど距離をとって、安全を確保することが大切です。

そして、安全を確保して冷静に判断できる状況に身を置いた後、時間をかけてゆっくり考えて、離婚するか否かを決めます。

離婚をする場合は、相手と離婚協議をしなければなりません。

モラルハラスメントの加害者との協議は、心身の負担が多いかと思います。

当事務所では、弁護士が依頼者の方に代わって、相手と協議・交渉を行っています。

また、モラルハラスメントを受けた方の状況に配慮しつつ、別居から離婚、新生活に至るまで解決策を提案させていただきますので、遠慮なくご相談ください。

モラハラについて詳しく知りたい方はこちら!

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(兵庫県 / 弁護士)
弁護士法人アルテ 代表弁護士

企業法務から身近な法律相談まで幅広く対応いたします。

弁護士法人アルテ代表弁護士。東京大学法学部卒。企業法務に従事し、労働問題(会社側)に精通。著書「外国人雇用の実務」(同文舘出版)。ラジオ番組出演(FMあまがさき「中西優一郎のLaw and Order」)。商工会議所、大学、企業での講演・セミナー多数。

06-6435-8309
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

モラハラ被害でお悩みの方へ 中西 優一郎 - 弁護士(2016/12/08 09:40)

【相談実例】夫が職場の女性と不倫で私はうつに…離婚するべき? 谷口 憲子 - 離婚アドバイザー(2012/10/02 10:22)

【相談実例】子供3人を放り出し別居、離婚したいと言い出した夫 谷口 憲子 - 離婚アドバイザー(2012/08/21 12:38)

【相談実例】理由を明かさず、ただ妻と離婚したいと考える夫 谷口 憲子 - 離婚アドバイザー(2012/06/07 15:11)

【相談実例】モラハラ夫、どうしたら良いかわかりません 久保田 優子 - 離婚アドバイザー(2012/04/05 17:28)