相続における法定相続情報証明制度(仮称)の新設を発表 - 家計・ライフプラン全般 - 専門家プロファイル

株式会社くらしと家計のサポートセンター 代表取締役
千葉県
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
岡崎 謙二
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)
松尾 琢磨
松尾 琢磨
(ファイナンシャルプランナー)
釜口 博
(ファイナンシャルプランナー)
阿部 雅代
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2017年10月16日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

相続における法定相続情報証明制度(仮称)の新設を発表

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. 家計・ライフプラン全般
変化を捉える!

ファイナンシャルプランナーの大間武です。

2016年7月5日、法務省が相続手続きを簡素化する

法定相続情報証明制度(仮称)を

2017年度春に新設すると発表しました。


この法定相続情報証明制度(仮称)とは

被相続人(亡くなった方)の戸籍謄本等を一度法務局に提出すれば、

その後は法務局が戸籍謄本の代わりに証明書を発行するというものです。


現状、相続手続きを行う(不動産の名義変更、銀行口座解約等)には

被相続人(亡くなった方)の出生から死亡時までの戸籍謄本等を

複数取り寄せる必要があり、手間や時間が非常にかかりました。


今回、法定相続情報証明制度(仮称)の新設により

一度だけ、一通だけ取り寄せ、法務局に提出すれば

その後は法務局が発行する証明書を必要枚数分

交付を受ければよいことになります。


完全に手間が軽くなるわけではありませんが

大きな一歩と言えるでしょう。


今後法務省がパブリックコメントを行い、

関係する諸規則を改定した上で

2017年5月頃の運用開始を予定しています。

今後の動きに注目です。


カテゴリ このコラムの執筆専門家

(千葉県 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社くらしと家計のサポートセンター 代表取締役

お金にも“心”がある。送り出す気持ちで賢く上手な家計管理を

法人、個人の形態を問わず、クライアント(お客様)のパートナーとして共に次のステージを目指し、クライアント(お客様)の質的成長にコミットします。

カテゴリ 「変化を捉える!」のコラム

24時間銀行振込決済OKへ(2016/07/02 07:07)

ラジオが生まれ変わる?(2015/12/07 06:12)

このコラムに類似したコラム

子どもの進路はどうやって決めたらいいの? 上津原 章 - ファイナンシャルプランナー(2017/09/30 12:07)

90歳以上 206万人 渡辺 行雄 - ファイナンシャルプランナー(2017/09/22 10:32)

夏休みは海外へ 渡辺 行雄 - ファイナンシャルプランナー(2017/07/09 09:54)

単身赴任の夫 『寂しい』7割 渡辺 行雄 - ファイナンシャルプランナー(2017/07/06 09:43)

舌下免疫療法経過報告~食物アレルギー 上津原 章 - ファイナンシャルプランナー(2017/06/30 11:49)