避難用テントを導入 - バリアフリー住宅 - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

安藤 美樹
(建築家)

閲覧数順 2017年11月18日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

避難用テントを導入

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. バリアフリー住宅
アメブロより更新中
先日の災害対策見直し作業の記事←で必要と感じた避難用テントを早速導入しました(^^)

キャンプに使う訳でもなく、非常時だけの使用目的です。
もっと大きいものもありますが、避難場所ではスペースを取り過ぎて周りに迷惑をかけてはいけないので控えめな大きさにしました。

DOPPELGANGER OUTDOOR のワンタッチテント 2~3人用







部屋が2つあるのがポイントで、就寝スペースとリビング的利用できるスペースがあるのが面白いです。

クルマも所有してますが、車内で長時間座るのは危険だと熊本地震で学んだので、足を伸ばして就寝できる場所は重要ですね!









カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「アメブロより更新中」のコラム

Guns N' RosesとBABYMETAL(2017/01/29 00:01)