「出生数増加、しかし人口減少は続く!」 - ライフプラン・生涯設計 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
松尾 琢磨
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2017年10月22日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「出生数増加、しかし人口減少は続く!」

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. ライフプラン・生涯設計
よもやまブログ

明けましておめでとうございます!

今年も宜しくお願いします。

 

さて、昨年末に、厚労省の人口動態統計の年間推計が発表されました。

それによると、2015年の出生数が前年を4000人上回り、

“100万8000人”となった模様です。

2014年が過去最低の出生数で、

昨年は100万人の大台を割り込む可能性もあったため、

まずは一安心といったところでしょうか。

 

一方、昨年亡くなられた方は、

130万2000人と戦後最多となりました。

結果、出生数と死亡数の差による「自然減」は、29万4000人となり、

前年を2万5000人上回って、過去最大の人口減少となりました。

 

出生率が増加に転じたことは、喜ばしいことですが、

“世界一の長寿国”でありながら、

人口が29万人も減っていることを考えると、

今後、この傾向はさらに拡大していくことが考えられます。

 

国策として、“出生率の上昇”を掲げた日本ですが、

人口問題は短期間に解決できる問題ではありません。

 

まずは、「子供を産みやすく、育てやすい社会づくり」に、

国民全体が意識を変えていかないと達成は困難ではないかと思います。

 

それには、

「100年後の日本に想いを馳せる」

のはどうかと思っています。

 

100年後、“今”を生きている人たちの大半は、

すでにいないかもしれません。

だからこそ、“将来の日本”を考える意義があるような気がします。

長年に渡り、日本の先達が残してくれた日本を、

これからも住みよい国としたいものです。

 

それでは、今年も、平和で穏やかな日々となりますように!

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「よもやまブログ」のコラム

このコラムに類似したコラム

「日本の出生数100万5656人に!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2016/07/15 11:04)

「出生率1.42に低下!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2015/06/12 12:26)

「日本の労働力人口が42%減少!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2014/03/14 16:47)

「日本の教育機関への公的支出、最下位!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2017/09/29 11:41)

もしミサイルが日本に飛んできたら 上津原 章 - ファイナンシャルプランナー(2017/08/31 22:43)