撮影を楽しむってどういうこと? - 写真撮影レッスン - 専門家プロファイル

宮本 陽
And EM アンド・エム 代表
兵庫県
カメラマン

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:写真・ビデオ

宮本 陽
宮本 陽
(カメラマン)
宮本 陽
(カメラマン)

閲覧数順 2017年10月20日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

撮影を楽しむってどういうこと?

- good

  1. 趣味・教養
  2. 写真・ビデオ
  3. 写真撮影レッスン
ブログサテライト

ブログサテライト


撮影を楽しむ?

「撮って、フィルター、SNSにあげて、いいね!を集める。」ことでしょ?


はい。大いに結構です。


だが別の世界もある。

どちらが良いか悪いか、ではない。



-----大きな背景ボケが欲しい。

ならば、レンズは望遠系、絞りは開放近く、被写体と背景との距離は大きく。


-----ストーリー性が欲しい。

ならば、光の向きと質を考えて。露出はアンダー目が良いかもしれない。

フォーカス位置は人差し指?いや、やっぱりレンズの文字部分でしょ。


-----さらに語るには。

Photoshopでホワイトバランスをシフトし、暖かい日差しを感じる色温度に。

階調を豊富に、シャドウは潰さず。ハイライトは強めでもいい。



欲しい絵と必要な設定、そして撮影時点でのアクション。

続く画面上でのデータの作り込み...。


平成のこの時代、それぞれのステップごとに楽しみは無限に広がる。

こうしたレガシーな部分でも、デジタルの恩恵と自分らしさを盛り込むスペースは豊富にある。


人と同じフィルター、人と同じフィールド「以外」の楽しさを、もっともっと多くの人に知ってもらいたい。



(Official Blogへ)
「撮影を楽しむとは?」http://and-em.com/blog/index.php?no=r4166


「メルマガ:平成のデジタルフォト通信」でも色々なお話をお伝えしています。

http://and-em.com/mailmagazine.html へどうぞ。

このコラムに類似したコラム

画像データから「写真作品」に昇華させるために 宮本 陽 - カメラマン(2016/01/30 15:00)

どこまで見せる?何を見せる? 宮本 陽 - カメラマン(2015/09/30 11:08)

フォトコンテスト 宮本 陽 - カメラマン(2016/01/23 07:00)

撮りたい光を撮りたい階調で表現する 宮本 陽 - カメラマン(2016/01/13 11:00)

光を撮るから写真は楽しい 宮本 陽 - カメラマン(2015/12/15 12:00)