ハイヒールの方が歩きやすいのは 良いこと? - 姿勢・ウォーキング - 専門家プロファイル

YURUKUウォーク 代表取締役
東京都
マスターウォーキングインストラクター
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ハイヒールの方が歩きやすいのは 良いこと?

- good

  1. 美容・ファッション
  2. イメージコンサルティング
  3. 姿勢・ウォーキング

YURUKUウォーク考案者(前Noriko式ウォーキング)Bjウォーキングスクール代表Norikoです。

ハイヒールは歩くのが難しいと言われているため
ハイヒールで歩く方が楽
もしくは
フラットシューズ(ぺたんこ靴)は歩きにくい
と いうのが良いのか良くないのか…
というご質問をいただくことがあります。
結論から言うと
良くないです
ハイヒールの方が歩きやすい
というのは危険信号です

ハイヒールで過ごしていると

スネにある前傾骨筋というつま先を上げるときに使う筋肉と
その拮抗筋であるふくらはぎの腓腹筋というつま先立ちをするときに使う筋肉が
ガッチガチに固まってしまいます。

つま先立ちのまま足が固まるという感じ。

ふくらはぎがししゃも状であったり
スネのすぐ外側がモリモリしている方は
かなり固めてしまわれています。

ハイヒールの傾斜に頼って足をピーンと伸ばしたまま
トットットットーっと前のめりで歩いている方を街で見かけますが
そういう方は筋肉の状態が非常に良くないです。
もう身体中が悲鳴をあげているはずです。

このようにハイヒールで固まった足でフラットシューズで歩くと
固まった筋肉がつま先立ちの形に戻すように骨を引っ張るため
踵が地面に下りている状態すら疲れますし
歩くときに必要なつま先を上げるという動作がうまくできず
つまずきやすく歩きづらいです。

ハイヒールでも足を壊さずに歩けるようになるには
フラットシューズで歩けることが大前提です。

YURUKUではハイヒールレッスンも行います。
でもフラットシューズでちゃんと歩けるようになったら
ハイヒールでも歩けてしまいます。

なので生徒さんたちは
ハイヒールを少し練習すると
また、すぐにフラットシューズの練習に戻られます。

インストラクター養成講座でもハイヒールレッスンをしますが
見学に来るインストラクターたちはハイヒールを持って来ない率がとても高いです。
みんなフラットシューズでしっかり歩けるからこそ
ヒールの高い靴も楽しめるということをよくわかっているからです。

私もハイヒールを履きます。
歩き方はもちろんですが
靴の構造やヒールの高さにも気をつけています。

だって足を壊してしまったら
ヒールを履けなくなるどころか歩くことがままならなくなってしまいますから。

それに下半身太りを解消し
手に入れたまっすぐ足を絶対に変形させたくないです。
いくつになっても歩けるように
いくつになってもお洒落した時に
ハイヒールを楽しめるように

フラットシューズでの歩き方
見直しませんか?




◆レッスン・セミナー情報◆

YURUKU無料会員登録
レッスン・セミナーなどの情報を
いち早くお知らせします。

Noriko・公認インストラクター
YURUKU公式レッスン・セミナー
こちらYURUKU.JP
スクール承認のレッスン・セミナー

◾︎スクール情報
◾︎
どのレッスン受けたらいいの?
◾︎
ご受講者の声
◾︎
NorikoのFacebookページ
お会いした方繋がって下さいね!
◾︎
Norikoの何度でも言います
◾︎
そのダイエット間違ってない?
◾︎51歳  筋トレ・ストレッチゼロ生活
  なぜスタイル維持できるのか
  なぜ治療院とは無縁なのか


◾︎1115 YURUKUウォーク
大阪城ウォーキングイベント

  第2回イベント ご参加者募集中

◾︎インストラクター養成講座 
   東京・大阪・福岡(開講決定)


◾︎YURUKUウォーカー講座
   入門・認定講座 東京・大阪・名古屋・埼玉

◾︎ウォーキング個人セッション
   東京・大阪


◾︎
心斎橋定期レッスン
   大阪

◾︎動画ありの記事

◾︎テレビ番組で行ったレッスン動画

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / マスターウォーキングインストラクター)
YURUKUウォーク 代表取締役

歩くことは生きること~生きる喜びをともに

日常の自然な歩き方「YURUKUウォーク」考案者。筋トレやストレッチを必要としない独自メソッドで、受講生は10000人以上、インストラクターは150人を超えました。近年はオリンピック代表選手のパーソナルレッスンや企業の健康指導など多岐に渡り活動中です。