台風15号の行方 - バリアフリー住宅 - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

台風15号の行方

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. バリアフリー住宅
アメブロより更新中

杞憂なことで騒ぐとパンデミックになるので控えますが、先日の悲惨な天津大爆発では、有機化合物の空中飛散が話題になってますね。

実際の危険性などマスコミ報道はまちまちで、近隣諸国も気になっているところだと思います。

福島原発事故の時は、放射能汚染の風の流れをしっかり報道したように、今後の飛散方向など冷静に発表して欲しいですね。

台風15号の進路が、今後中国大陸と日本列島の間を通過すると、朝鮮半島を含め日本列島に何かしら影響があるかもしれません。。(矢印が天津)




リスマネージメントで考えれば、台風の通過ルートによっては外出を控えたり、マスク着用するのも個々としてアリだと感じます
(杞憂で済めば良いこととして)

何事もなく、空中で浄化されることを祈ってます。


カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「アメブロより更新中」のコラム

入院時の必需品(2016/12/07 00:12)

高齢者の事故(2016/12/06 00:12)

2017年の祝日は。。(2016/12/05 00:12)

休日の音楽(2016/12/04 00:12)