夏の食中毒 - バリアフリー住宅 - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

夏の食中毒

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. バリアフリー住宅
アメブロより更新中

秋から冬にかけて流行する食中毒「ノロウィルス」は特に人からの感染経路が主なので、気をつけることができますが、

夏に流行する食中毒は

カンピロバクター(1~7日)

サルモネラ(6~72時間)

黄色ブドウ球菌(1~3時間)

腸炎ビブリオ(8~24時間)

腸管出血性大腸菌 O157など (3~8日)


など色々あって潜伏期間も数時間から1週間まで幅広くなります。

症状として

腹痛、下痢、吐き気、嘔吐、発熱

と風邪に似た症状でもあるため、まさか食中毒だったとは医者に診断してもらって分かることもあるようです。


症状が酷いO157などは、肉の生焼けが原因であることが多いので、海辺のバーベキューなどは注意が必要ですね。



また、お年寄りのかたなどは毎日食べたものを記録する習慣をつけると、認知症予防にも効果がありそうですね(^^)


カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「アメブロより更新中」のコラム

高血圧と生活習慣病(2016/12/09 00:12)

入院時の必需品(2016/12/07 00:12)

高齢者の事故(2016/12/06 00:12)

2017年の祝日は。。(2016/12/05 00:12)