勘違い!?「それはヒップではありません」 - ファッションとダイエット - 専門家プロファイル

ボディメイクスタジオCharmBody 代表
東京都
ボディメイクトレーナー
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

勘違い!?「それはヒップではありません」

- good

  1. 美容・ファッション
  2. ダイエット
  3. ファッションとダイエット

こんにちは!
モデルボディメイクトレーナーの
佐久間健一です。


一年中着回せ
春も大活躍間違いなし!
スウェットセットアップ

家ではダボッと系
外ではピタッとめと
ラフなおしゃれが楽しめます。



それはヒップではありません
スウェットファッションで
ありがちな体型の悩みとして
ヒップの横の張りが挙げられます。

ピタッとめだけでなく、
ダボッとでも同様に
この部位は気になる部位とされています。

しかし、ここには大きな勘違い
潜んでいます。





問題はヒップではない!
下半身の悩みNO.1として
今期も謳われるヒップ。

特に横に張り出し、
下半身を膨張させて見せることに
悩みを抱えてる女性が多いとのこと。

しかし、実際にボリュームとなるのは
太もも外の筋肉の張りとなり
これがヒップの張りと勘違いを作ります。





片足の固定で解消
女性の身体の構造的にも
ヒップと太もも外は繋がる部位。

正面から見た下半身のサイズ感は
太もも外の張りとなり、
ヒップ自体が張りだすことは
まずありません


サイズ感の原因としては
太もも外の発達
股関節の硬さ
脚の付け根の弱さ
によって作られます。

下半身ボリュームダウンエクササイズ
本日は動画でお楽しみください。


組んでいる脚を重りがわりにする
→動かす側の脚の付け根が刺激され
同時に組んでいる側の
ヒップのストレッチになります。

仰向けで行う動作
→背骨が地面に固定されるので
効果的に股関節の可動域
引き出されます。

下半身をボリューム感を
効果的に減らすエクササイズです。

ゆるめでも、ピタッとでも
下半身のボリュームが気になる‥

女性はご参考にしてください。



~モデル支持率NO.1ボディメイク!~

ボディメイクパーソナルトレーニング

モデル体型ボディメイク専門ジム
(↓クリック)
ボディメイクスタジオCharmBody


自分もキレイになって
人の役にも立ちたい!

トレーナーを目指すなら!
JMBA認定ボディメイクトレーナー
第3期認定アカデミー
(↓クリック)
日本モデルボディメイク協会

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ボディメイクトレーナー)
ボディメイクスタジオCharmBody 代表

モデルボディメイク

2016ミスユニバースジャパン日本代表公式コーチ2016ミスユニバースジャパン日本大会BC講師。元ミスワールド日本代表ボディメイクトレーナー2016ミスインターナショナル世界大会公式パートナー

このコラムに類似したコラム

ジム自体に行くのがストレス、 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2017/04/22 20:00)

目的1 体重、体脂肪を減らす 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2017/01/19 16:00)

本日のメイン「モデルヒップエクササイズ」 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2016/04/17 07:00)

トレーナーの 必須のマインド 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2016/02/01 09:00)

モデル太りボディメイク 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2015/12/16 14:00)