マイホームの購入基準 - 不動産売買全般 - 専門家プロファイル

大川 克彦
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産売買

岡村智恵美
岡村智恵美
(不動産コンサルタント)
岡村智恵美
(不動産コンサルタント)
永田 博宣
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2017年11月22日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

マイホームの購入基準

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. 不動産売買全般
不動産のかしこい選び方

あなたが欲しいマイホームとは?




夢と希望をもってはじめたマイホーム探し・・・

最初のころは、インターネット、新聞広告を見て資料請求したり、現地販売会などに足を運んだりしますが、少しずつ理想と現実のギャップに悩み始めます・・・

『一生に一度の買い物だから妥協したくない・・・』

『自分だけは絶対にだまされない・・・』


と、慎重になればなるほど理想の物件とはかけ離れていきます。


理由は・・・


簡単なことです・・・



理想が高すぎただけです・・・


失礼・・・


でも、よくあるお話です。


不動産の相場も状況も知らないで勝手に抱いた理想ですから、現実とのギャップがあっても当然です。

最初は楽しかったマイホーム探しもだんだん嫌になり、探すことをやめてしまう人もおります・・・

ご夫婦で再度『自分たちが本当に欲しいマイホーム』について考え直したりしてしまいます。

考えれば考えるほど何を買ったらいいのかわからなくなり、考えれば考えるほど深みにはまってしまいますネ!


このときに少しだけ違った角度から見つめることにより、欲しいマイホームの条件が明確になることもあります。



私はやりたくない仕事リストを作成しています!




やりたい仕事を考えるとあれもこれもとでてきます!

絶対にやりたくないことを明確にすることにより、やりたいことを考えるより楽に考えることができました!

これと同じ発想で、

『絶対に買いたくないマイホームとは?』で考えてみましょう。




『大通りに近い物件は買いたくない』

『日当たりが悪い物件は買いたくない』

『バス便は買いたくない』

『○m2以下の物件は買いたくない』

『建売住宅は買いたくない』

など・・・


これなら簡単ですよね!


このように考えることにより買いたいマイホームの条件が明確になるはずです・・・



ただし、残念ながら理想が100%叶う物件は存在しないことを付け加えておきます(笑)。。。




三鷹・調布の不動産情報館



不動産会社を経営している不動産屋と呼ばれたくない社長のひとり言と業界裏話