座位姿勢は喫煙と同じリスク? - ピラティス全般 - 専門家プロファイル

美ボディメイクスペシャリスト 
北海道
ピラティスインストラクター
011-215-0071
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ヨガ・ピラティス

太田 律子
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
太田 律子
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
Style Reformer 小林俊夫
(ピラティスインストラクター)

閲覧数順 2017年06月28日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

座位姿勢は喫煙と同じリスク?

- good

  1. 運動・スポーツ
  2. ヨガ・ピラティス
  3. ピラティス全般

こんばんは


姿勢と動きを意識した「賢いボディメイク術」をお伝えする

パーソナルトレーナーの田中です♪


先々週、東京で受講した4日間のセミナーで


講師のLenny先生が言っていました・・


座り続けることは喫煙と同じくらい体に悪いと


内科的に悪いのと

筋骨格系的に悪いという大きな違いはありますが


確かに、座っている自分を観察すると

体に悪いことが沢山あります


という僕も


いまは座ってブログを書いていますし


スタジオまではいつも車で25分くらいは座っています


日曜日も旭川まで90分間座りっぱなしでした


デスクワークする間は座っていますし

東京の移動中だって、座れるときは座っていました


デスクワークの方なら一日8時間以上座りっぱなしで

お仕事を頑張っていらっしゃいます


座ることは避けられません


だからこそ、対処法を知っておくことが大切ですよね♪


座るということでどんな害が体に訪れるのか!?

座っているとどこが硬くなり、どんなケアが必要なのか!?


デスクワーカーのためのリフレッシュ体操を考える必要がありますね


30分に1回くらい、強制的に体操をしたら

どんな効果が表れるのでしょうか??


身体機能が衰えれば

作業効率も悪くなり、余暇を楽しむ体力もなくなり、

人生がunHappyな方向に向かうことだって考えられます


座った後にしておくべき3つのことは


次回以降のブログでご紹介しますね(^^)

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(北海道 / ピラティスインストラクター)
美ボディメイクスペシャリスト 

安心感・優しさの中の厳しさ・結果を与えるトレーナーです!

科学的な根拠と結果を出し続ける中で培われたボディメイク術で「新しい自分」を見つけませんか?人生が変わる瞬間に多く立ち会うことが出来て本当に幸せです。パーソナルトレーニングを通して貴女の人生もきっと変わるはずです!

011-215-0071
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。