生命保険の掛け過ぎに早く気づくには?? - 保険の見直し - 専門家プロファイル

アネシスプランニング株式会社 代表取締役
東京都
住宅&保険・住宅ローン コンサルタント
03-6202-7622
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

釜口 博
釜口 博
(ファイナンシャルプランナー)
田中 香津奈
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
大泉 稔
(研究員)

閲覧数順 2017年04月28日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

生命保険の掛け過ぎに早く気づくには??

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険の見直し

所得は増えない??

この15年の間、平均所得は増えていない。

概ね650万円程度だった平均年収は550万円に減っている。


こんな家計でも無理な保険料に悩まされている人は多いはずだ。


しかし、保険売りを主な仕事としているFPや保険会社のセールスには、所得が減ろうが関係のない話だ。

所得の多い少ないにかかわらず、その人にはその保険が必要だから勧めたと・・・


生保の営業はユーザーの不安をあおることでそのニード喚起をするもの。

「もし、ご主人に万が一のことが起きると、残された方々の・・・」

というように、将来、起こりうることに備える必要があると促す。


そのため、その万が一のために高額な保険金の保険を勧めてくる。

当然、保険料も高額になりがちだ。


高額の保険料の保険に入るのは昔のような時代であればよかった。

しかしながら、いっこうに所得は増えず、将来、減るということの可能性が高い。


そんな時代でも高額な保険を勧める。

最初は月に2,3万円の負担でも何とか払おうとするが、その先は難しいのが現状だ。


つまり、生保のセールスではその人の所得が下がるということは前提にしていない。


生命保険の保険料負担はいくらぐらいに??

例えば、いわゆる独立系のFPの方は「月々の生命保険料の支払いは、

手取りの3~5%くらいの間にとどめておくべき」と言っている。


つまり、手取り20万であれば5、6,000円から多くても1万円ぐらいということになる。

生保の保険料の総額は、この程度に抑えることを目安にしてはと思う。



ところが、以外に過度に生保や年金に加入している人も多い。

手取り25万円で月に2万円以上払っているなんてのもざらだ。


こうした人に聞くと、不安にあおられて保険加入をしている場合が多い。

何故かセールストークに釣られてしまう。


それには、ユーザー側の保険の知識が少ない点もある。

本来、今までの学校教育では金融の勉強はしていない。

そのため、基礎知識がなくセールスに盲従してしまう。


保険整理の勧め

月に生保や年金を2万円以上払っているようであれば、即見直しすべきだろう。

生保加入の行き詰まりが出てくると、個人年金を勧めてくる場合も多い。



これには訳がある。

数年前に税制の改正で個人年金の控除ができ、控除があるから年金はお勧めという感じだ。

生保が売れない場合には、こうしたトークで勧めてくる。


ただ、控除もその人の収入も関係するので、一概にメリットがあるとは言えない。


ある方の保険整理をして、いくつかの保険を解約することにしたが、解約の話をするとその営業がすぐに飛んできた。


なんで止めるのか?

今やめると勿体ない、

こっちの保険会社の保証では足りない、

など、引き留めるのに必死だ。


近い将来、給与が下がったり、子どもさんの教育費がかさんだり、住宅ローンの返済などがあると、

高額な保険料は家計を苦しめる。


また、病歴などが残るような事態になれば、保険の見直しもできないため、将来にわたって高額な保険料を

支払う羽目にもなる。


そうならないうちに保険の整理はしておく必要がありそうだ。


30、40代の住宅ローンの見直しと保険の見直し相談

詳しくはこちら

http://profile.ne.jp/pf/t-teraoka/s/s-3327/


★ お問い合わせはこちら ★

アネシスプランニング株式会社

電話:03-6202-7622

メール:info@anesisplan.co.jp

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)
アネシスプランニング株式会社 代表取締役

「納得」と「安心」の住まいづくりを中立的立場でサポートします

生涯に一度とも言える住宅建築や不動産購入の場では「失敗したらどうしよう」と不安に思う方が多いものです。お客様が「夢」を安心して実現できるよう、業界での25年の経験を活かし、「納得」と「安心」の住まいづくりを中立的立場でサポートしてまいります。

03-6202-7622
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ このコラムに関連するサービス

対面相談 勧められた生命保険 契約すべきか検討サポート

保険会社や保険ショップなどから提案された生命保険を徹底検証! 専門的アドバイスで最適な保険をご提案。

料金
10,000円

勧められた生命保険の設計書や提案書をお持ちください。
提案された保険商品を精査、検証し、適切な保障額や保障内容などをアドバイス。
保険の専門家が保険商品選択のアドバイスと保険加入の考え方をご提案をいたします。

勧められた生命保険 契約すべきか検討サポート

このコラムに類似したコラム

個人年金は本当にお得か?? 寺岡 孝 - 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント(2014/10/16 13:00)

生命保険会社が販売する個人年金保険は本当にお得か?? 寺岡 孝 - 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント(2014/09/08 01:40)

いちばん得をする保険の知識セミナー (大阪・梅田) お知らせ 山下 幸子 - ファイナンシャルプランナー(2015/05/29 09:40)

主契約と特約とは? 田中 香津奈 - CFP・社会保険労務士(2015/01/05 07:00)

保険の見直しって保険だけですか? 井浪 啓之 - 保険アドバイザー(2014/06/25 14:47)