高齢者世帯に熱中アラームを - バリアフリー住宅 - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

高齢者世帯に熱中アラームを

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. バリアフリー住宅
アメブロより更新中

お年寄りのかたは、暑さを感じにくい体質になるので、熱中症前の危険な状態に気づきにくいと言われてます。

エアコンを嫌うのも手伝って、就寝時の脱水や熱中症で搬送されるお年寄りのかたが多いようです。


今居る環境が安全なのか危険なのか アラームで教えてくれる「熱中アラーム」があれば、大事に至る前に対処できると思うのですが・・


また、夏場の自動車の車内も前のシートと後ろのシートではエアコンの効きも違い、チャイルドシートに座っているお子さんのキケンを回避するのにも役立つツールです。


メーカーが体重計で有名なタニタで、値段も手ごろなのがいいですね(^^)


黒球式熱中症指数計 タニタ 熱中アラーム TT-560-WH/株式会社タニタ







カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「アメブロより更新中」のコラム

Guns N' RosesとBABYMETAL(2017/01/29 00:01)