太ももの張りは動きを変えないと解消されません! - ピラティス全般 - 専門家プロファイル

美ボディメイクスペシャリスト 
北海道
ピラティスインストラクター
011-215-0071
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ヨガ・ピラティス

太田 律子
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
Style Reformer 小林俊夫
Style Reformer 小林俊夫
(ピラティスインストラクター)
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)

閲覧数順 2017年02月26日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

太ももの張りは動きを変えないと解消されません!

- good

  1. 運動・スポーツ
  2. ヨガ・ピラティス
  3. ピラティス全般

こんばんは


賢くすらっと脚を創る専門家、田中宏明です


石垣レポートが終わりましたので

ボディメイク術発信ブログに戻りますね♪


火曜日に実施した自主トレのおかげで「お尻」の筋肉痛がピークを迎えています(笑)


以前に書いた記事「賢く!お尻を引き締めるポイント」

http://ameblo.jp/1986goingmyway/entry-11880135910.html


記事内にも書いていますが、


お尻のトレーニングって本当に本当に本当~に「代償動作」が多いです


パーソナルセッションでは


効果的にお尻を使える種目をお伝えさせていただいていますが、


普通に日常生活を送っているだけではお尻の筋肉はどんどん衰えていきます


お尻の筋肉が使えないと


太ももの前側や外側が張っています


正確には「お尻の使い方」がわからないと

本来、お尻でするべき動作を、前ももや外ももが頑張ることになるので

日常的に沢山使われるところは発達し、

あまり使われないところは衰えていきます


さらに細かなことは過去ブログをご覧くださいね↓↓

「賢く!美脚創りに関する過去記事」

http://ameblo.jp/1986goingmyway/theme-10035675172.html


努力の矛先が、間違った方向に行かないように


僕ら運動指導者は


絶えず研鑽と検証を続けるべきだし


それらを選択するお客様も


やむくもに重さを持ったり回数を追い求めるようなトレーニングは

避けた方が良いと僕は思っています


適切な姿勢で、効率の良い動きが出来てから

重さをかけて、回数を気にすれば良いのです


ずっとずっと、伝えていきたいことの一つです。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(北海道 / ピラティスインストラクター)
美ボディメイクスペシャリスト 

安心感・優しさの中の厳しさ・結果を与えるトレーナーです!

科学的な根拠と結果を出し続ける中で培われたボディメイク術で「新しい自分」を見つけませんか?人生が変わる瞬間に多く立ち会うことが出来て本当に幸せです。パーソナルトレーニングを通して貴女の人生もきっと変わるはずです!

011-215-0071
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。