カウンセラーが気持ち良くなったら危険!?自分と相手の価値観は別物です。 - 毎日のつらさ - 専門家プロファイル

一般社団法人 日本メンタルアップ支援機構 代表理事
東京都
心理カウンセラー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:心と体の不調

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

カウンセラーが気持ち良くなったら危険!?自分と相手の価値観は別物です。

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 心と体の不調
  3. 毎日のつらさ
メンタルヘルス


こんにちは。

産業カウンセラーの萌ちゃん先生です


自分と人の価値観は違う。


頭では分かっていても、

実際は、どうもこの感覚が鈍るようです。


人に何かしてあげたい

人の役に立ちたい


そして、人に喜んでもらいたい


と思ってしたことが、


相手にとって迷惑だったり

傷つけてしまうことってありますよね。


喜ばせようと思ったことが

怒らせてしまう。


自分も相手も嫌な気持ちになります。


私は、家族に

「やらないでね…」とお願いしていることがあります。


きちんと理由を言って丁寧に優しく伝えてあります。


でも、時折、家族は私のために

良かれと思ってやってしまいます。


そして、とても嬉しそうにしています。

それが、よいことだと思っているからです。


私にとっては迷惑なだけなのに…


これこそ、自己満足です。


私も、誰かに同じことをしているかもしれません。





カウンセリングは、カウンセラーの自己満足であってはなりません。


カウンセラーが、クライエントのために

素晴らしい助言をして


人の役に立てた!と気持ちよくなるケースは注意信号です。


持論を唱えて、クライエントが一生懸命に耳を傾けてくれる

クライエントの為と思い、嬉しくなってどんどん話す。


カウンセラーが熱くなればなるほど、

目の前のクライエントの

小さな変化に気づきにくくなります。


人に気持ちに寄り添い集中して話を聴くことは、

忍耐と緊張を伴います。


カウンセラーが、

気持ちよくなったり、すっきりしたということは


面談が、カウンセラー中心に行われていたことにほかなりません。


精一杯向き合ったけど、役に立てたのかな?

自分の関わりはどうだったかな?


と、迷うカウンセラーは、

クライエントの細やかな表情や行動の変化に敏感です。


相手の小さな心のサインを見逃さず

思い込みを持たずに


しっかりクライエントに関わることのできるカウンセラーを目指したいですね。


萌ちゃん先生でした






カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 心理カウンセラー)
一般社団法人 日本メンタルアップ支援機構 代表理事

メンタルアップマネージャ認定機関

働く人が一番ストレスを感じるのは、人間関係であることが厚労省データからも明らかです。人間関係改善に必須のコミュニケーション、ストレスマネジメント、ハラスメントの生きたスキルが身につく、ワークショップ型研修をご提供します。Office MOEKO代表。

カテゴリ 「メンタルヘルス」のコラム

体験することって大切(2016/04/03 23:04)

新入社員研修スタート!(2016/04/01 21:04)

ご無沙汰しております。(2016/03/30 19:03)