リウマチと高気密住宅 - バリアフリー住宅 - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

リウマチと高気密住宅

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. バリアフリー住宅
アメブロより更新中

梅雨の時期に入ると、リウマチ疾患をお持ちの方は気圧の変化により痛みが発症しやすくなります。

これは、低気圧によって体内の圧力が上がるとヒスタミンと言う物質が放出されるためで、ヒスタミンが外部からの刺激に反応し炎症を起こすようです。

疲労物質の蓄積が起こり痛みや倦怠感を感じやすくなるので、入浴で血行を良くする療法も確立されてます。

在宅で入浴する際は、ヒザなどの関節の痛みで浴槽内の立ち座りが困難になるので、浴槽の形状や手すり位置は重要なポイントになります。


外気圧に影響されにくい「高気密住宅」があれば、低気圧通過時も室内を正圧に保つことで、普段からの気圧との変化を少なくすることができると良いのですが。

室内を正圧に保つ手法は、クリーンルーム(精密機械製造室や手術室など)に使用されているので、呼吸器疾患を持つ方にも有効だと思います。




カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「アメブロより更新中」のコラム

高血圧と生活習慣病(2016/12/09 00:12)

入院時の必需品(2016/12/07 00:12)

高齢者の事故(2016/12/06 00:12)

2017年の祝日は。。(2016/12/05 00:12)