〜いい営業マンを見極める5つの質問〜3つ目 - 不動産売買全般 - 専門家プロファイル

徳本 友一郎
株式会社スタイルシステム 代表取締役
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産売買

野城 郁朗
野城 郁朗
(不動産コンサルタント)
森田 芳則
森田 芳則
(不動産コンサルタント)
森田 芳則
森田 芳則
(不動産コンサルタント)
楯岡 悟朗
(不動産コンサルタント)
徳本 友一郎
(不動産コンサルタント)

閲覧数順 2020年09月28日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

〜いい営業マンを見極める5つの質問〜3つ目

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. 不動産売買全般
不動産売買に役立つ基礎知識 仲介の仕組み

★質問3 「お住まいはどちらですか?」




その後に、「それは購入されたのですか?」と聞いてみましょう。

聞きにくい質問かもしれませんが、
営業マンがお客様の立場を経験したことがあるかどうかは
とても大切な要素です。
(明らかに新卒と思われる担当者には聞けませんけどね)

何か事情があれば話は違いますが、本人が借家住まいであるのに、
「今が買い時ですよ。」
「こんなに安くていい物件は出ませんよ。」
と言われても説得力がありません。

探し求めていた物件が見つかっても、お客様の心理はというのは
満足感だけではなく、不安感、恐怖感が襲ってくるものです。

そんな気持ちを理解してくれる担当者なら信頼できますし、
自分が購入した時の失敗談から
気づかない点をアドバイスしてくれたりしたら心強いですよね。

私がファイナンシャルプランナーに資産運用を依頼するのであれば、
その人がキチンと結果を出しているのかどうかを確認します。

その人自身が成功していないのに、意見を聞いても成功するとは
思えませんからね。

セールスする側の人は、その人自身が、セールスするものを体験して
いることが最低条件だと思います。