〜いい営業マンを見極める5つの質問〜4つ目 - 不動産売買全般 - 専門家プロファイル

徳本 友一郎
株式会社スタイルシステム 代表取締役
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産売買

野城 郁朗
野城 郁朗
(不動産コンサルタント)
楯岡 悟朗
楯岡 悟朗
(不動産コンサルタント)

閲覧数順 2021年06月21日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

〜いい営業マンを見極める5つの質問〜4つ目

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. 不動産売買全般
不動産売買に役立つ基礎知識 仲介の仕組み

★質問4 「取扱い件数は何件ぐらいですか?」




「何年ぐらい業界にいらっしゃるのですか?」と聞くよりも
何件ぐらい契約を取り扱ってきたのかを聞きましょう。

100件あれば、100通りのケースが考えられるのが不動産取引です。

税制改正や建築基準法の見直しは毎年ありますし、
物件相場も常に変動しています。

経験年数が短くても、最近の取扱い件数が多ければ
いろいろなケースの対応が出来て、新しい情報もたくさん入るはずです。

「もう20年もやっている」とか
「うちの会社は免許番号が古い」というセールストークだけでは
信頼できません。

ベテランであってもいい営業マンとは限らないのです。

場数を踏んでいる営業マンが、いざという時に頼りになります。