自分整理「モノを大事にする」 - 整理収納・ハウスクリーニング全般 - 専門家プロファイル

ライフスタイルコーディネート ソートフル 代表
福岡県
自分整理ナビゲーター
0120-143-173
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:整理収納・ハウスクリーニング

収納ドクター@長柴美恵
収納ドクター@長柴美恵
(リフォームコーディネーター)
片付けプロモーター 渡部亜矢
(収納アドバイザー)
片付けプロモーター 渡部亜矢
(収納アドバイザー)

閲覧数順 2017年09月25日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

自分整理「モノを大事にする」

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 整理収納・ハウスクリーニング
  3. 整理収納・ハウスクリーニング全般
片付け・整理収納 利き脳タイプ別お片付け

こんにちは

いつもありがとうございます。

自分整理ナビゲーター&ライフオーガナイザーの

宮崎 佐智子です。



お子さんに「モノを大事にしなさい」と躾をされる

親御さんは多いでしょう。

私も幾度となく言ったような気がします。(^^ゞ


「モノを大事にする」その基準も親と子では、

違うように感じました。


モノを持つ時、選ぶときには、必ずその人その人の

基準がありますね。


その基準をしっかり持っていると、片づけも

スムーズにいくのではないでしょうか。


片づけを楽に、自分らしくするために

ちょっと立ち止まって「基準」を考えてみてください。


息子にも「大事にしようね」と時には言ったように

記憶しています。

もともと、モノの扱いはとても丁寧な子だったので、

厳しく、何度も言った記憶はないですね。


でも、その大事にすることは私と彼とでは

思いのほか、考え方が違っていたことに、

ビックリすることもしばしばでした。


浪人が決定した息子、部屋の片づけを

していた時のことです。


こんなものが出てきました。



そうなんです。

とても鉛筆を大事に使う子でした。

これは、小学校の頃のです。

今もって大事に取っていたことにも驚きましたが(^^ゞ


小さくなった鉛筆は鉛筆ホルダーというものを

使って、書いていました。



Amazonさんから画像をお借りしています。


お子さんでも、自分にとって何が大事か

その基準を知ることはとても大事ですね。


そしてそれを選び取る力、も必要ですね。


お子さんの生きる力に通じるかと思います。

片づけを通して、学ぶこと、たくさんあります。


親子で片づけを楽しむことから始めましょう。


カテゴリ このコラムの執筆専門家

(福岡県 / 自分整理ナビゲーター)
ライフスタイルコーディネート ソートフル 代表

女性の人生をよりよくする「心とモノ」の片づけコンサルタント

お客様の心をコンサルを通して聴き取り、寄り添ってお手伝いい致します。「片付けられない」「片づけ方法がわからない」女性とシニア世代の快適な空間、心地いい暮らし作りのお手伝い。教育の場に普及させ、子どもたちが住みよい社会になるサポートをします。

0120-143-173
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「片付け・整理収納」のコラム