春の味覚 ふきのとう - 料理教室 - 専門家プロファイル

塚本 有紀
フランス料理・製菓教室「アトリエ・イグレック」 主宰
大阪府
料理講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:料理・クッキング

大庭 麗
大庭 麗
(料理講師)
大庭 麗
大庭 麗
(料理講師)
大庭 麗
(料理講師)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

春の味覚 ふきのとう

- good

  1. 趣味・教養
  2. 料理・クッキング
  3. 料理教室


黒門市場で、親指の先ほどのふきのとうを見つけました。
こんなに小さいのはあまり見たことがありません。

子供時代は実家付近にたくさん生えていて、なるべく小さいのを採って帰ったものです。母が蕗味噌にし、祖父が喜んで食べていましたが、子供にはムリ。
栽培するとこんなに小さいのか、と感心しました。

天ぷらにして、料理講座で添えに使うことにしました。
フランス料理にふきのとうはないと思いますが、テンプラ自体は料理のタイトルtempuraとして、そろそろ通じるので、OKということにしましょう(ようするに、食べたい)。

卵白でメレンゲを作り、ふわっとさせた衣とピーナツオイルを使って、天ぷらにしました。
一口で噛むと、苦みが小気味よく広がります。
おおぉ、苦い!
いよいよ春です。

ちなみにフランス語にも「ふきのとうPétasite du Japon」を発見しました。「日本のペタソス(古ギリシャのつば広の帽子)」という意味だそう。フランスのいったいどこで買えるのでしょう!?