エンディングノートを40代から付けましょう - 整理収納・ハウスクリーニング全般 - 専門家プロファイル

ライフスタイルコーディネート ソートフル 代表
福岡県
自分整理ナビゲーター
0120-143-173
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:整理収納・ハウスクリーニング

片付けプロモーター 高橋和子
片付けプロモーター 高橋和子
(収納アドバイザー)
中野 早苗
(パーソナルスタイリスト)
宮崎 佐智子
(自分整理ナビゲーター)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

エンディングノートを40代から付けましょう

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 整理収納・ハウスクリーニング
  3. 整理収納・ハウスクリーニング全般
片付け・整理収納 利き脳タイプ別お片付け

こんにちは

自分整理ナビゲーター&福岡のライフオーガナイザーの

宮崎 佐智子です。



「エンディングノート」はお聞きになったことがある方、

ずいぶん多いのではないでしょうか。

でも、書いています。という方で、40代50代の方

というのはまだまだ少ないように感じます。


私も50歳ですが、まだまだ・・・なんて思っていた時期も

ありました。

書き留める=明確にしておく ことに早いということは

ありません。


いつどんなことが起きるかわからない世の中です。


思いのたけを書き留めておくことは必要に感じます。


書き留めておくことで、自分もご家族も慌てることなく

対応できるのではないかと思います。


もし今、病気で入院したら…

と考えてみてください。


夫、お子さんがどれだけのことをわかっているでしょう?


学校の授業料の引き落としは?

公共料金は?


保険証はどこ? もあるかもしれませんね。


郵便ポストの暗証番号、宅配ボックスの暗証番号

から、奥様だけがわかっていてほかのご家族は

知らない、なんてご家庭も少なくないのでは・・・・


書くことで家族で情報を共有することの安心


エンディングノートを書くのに、早い ということは

ありません。


年末に私の知人は52歳の若さでこの世を去りました。

突然の病気発覚で入院されたときは、家のことが

とても大変だったそうです。

なんでも彼女がされていたのでそれこそ家族が

わからないことだらけ、だったそうです。

病院に行ってそのまま入院だったため、入院準備も大変、

家のことも気が気じゃなく・・・・気をもまれたそうです。

家族になんでもわかるようにしておかないといけなかった

と切に話していらっしゃいました。


書いていくうちに、いろんな気づきもあると思います。


頭の整理、心の整理のためにもエンディングノートを

作成してみましょう。

心も体も軽くなるのでは、ないでしょうか。


カテゴリ このコラムの執筆専門家

(福岡県 / 自分整理ナビゲーター)
ライフスタイルコーディネート ソートフル 代表

女性の人生をよりよくする「心とモノ」の片づけコンサルタント

お客様の心をコンサルを通して聴き取り、寄り添ってお手伝いい致します。「片付けられない」「片づけ方法がわからない」女性とシニア世代の快適な空間、心地いい暮らし作りのお手伝い。教育の場に普及させ、子どもたちが住みよい社会になるサポートをします。

0120-143-173
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「片付け・整理収納」のコラム