社内に広報ファンを作る!が大事 - 広報・PR・IR全般 - 専門家プロファイル

中村 英俊
株式会社第一広報パートナーズ 代表取締役 広報コンサルタント
東京都
広報コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:広報・PR・IR

豊田 健一
豊田 健一
(広報コンサルタント)
中村 英俊
中村 英俊
(広報コンサルタント)
豊田 健一
(広報コンサルタント)
中村 英俊
(広報コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

社内に広報ファンを作る!が大事

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 広報・PR・IR
  3. 広報・PR・IR全般
業界によりメディアの状況や広報の手法が違うなど特徴がありますが、共通して言えるのが、なかなか「広報部門に情報が集まらない」という悩みではないでしょうか。

広報担当者が幾ら机でPCや資料と睨めっこをしようが、情報はなかなか集まらないのは当然のことであり、やはり刑事ではないですが現場100回と言わないまでもやはり現場に足を運ぶことが重要ということは言うまでもありません。

しかし現実的にはそんな時間の余裕があるかと問われれば難しいのでしょう。

ではどうするか。

その答えは、社内に広報ファンを作る。自身の分身を作ることだろうと思います。そのやり方は会社規模や組織体系、業種などによってもマチマチだろうと思いますが、共通して言えることは「成功体験をさせること」と「分身に手柄をたてさせる」ことが大きなポイントです。

成功体験をすることや分身自身が自信を持つことで、次の案件の発掘につながり、また周囲への伝播効果が望めるでしょう。言い換えればこの効果を狙っていかなければ意味がないとも言えます。

広報の場合、素材(ネタ)を発掘できてもタイミングを逸してしまえば、何の価値もない情報になってしまいます。社内での取り組みを報道に結びつけようとすれば、広報部隊のみでは難しく、現場現場に分身を作り、タイムリーな情報収集体制を構築することが重要だと思います。

御社には広報部門以外で広報ファン、自社ファンはいますか?半期に1名でも目標を決めて分身づくりを始めることをオススメします!

クリックをお願いします!  











 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

日経記事;『米モバイル広告急成長 媒体別、今年3位浮上へ』に関する考察 山本 雅暁 - 経営コンサルタント(2014/07/25 10:16)

習慣を変えてみる 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/12/11 08:26)

あなたの会社は必要ですか? 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/11/22 04:44)

私が、スゴイと思う経営者の一人 萩原 貞幸 - 経営コンサルタント/起業家(2013/04/24 11:33)