【最幸ビジネスモデル】特別な事は何もしなくていい。 - 新規事業・事業拡大全般 - 専門家プロファイル

星 寿美
プラウドフォスター株式会社 代表取締役
東京都
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:新規事業・事業拡大

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【最幸ビジネスモデル】特別な事は何もしなくていい。

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 新規事業・事業拡大
  3. 新規事業・事業拡大全般

 【最幸ビジネスモデル】  2013.11.27 No.0749
===========================

昨日ご紹介した本。

スタンフォード・インプロバイザー
東洋経済新報社

の中に、

 自分はすでに独自の視点を持っているという事実を信頼
 してください。

 女優イングリッド・バークマンはそれと
 知ってこう言いました。

 「自分らしくありなさい。
  世界は独創的な人を崇拝します。」

 ソフトウエア・デザイナーのアーロンは、こんな考えを
 話してくれました。

 「以前は自分の考えの多くについて善し悪しを検討して
  役立ちそうなものを探していました。(中略)
  ぼくにとっては当たり前すぎることを発言すると、開
  発部の幹部達は頭を叩いて、なぜそこに気付かなかっ
  たんだろうと言います。つまり、ぼくのアイデアが素
  晴らしいということなんです。以前はキラリと光るア
  イデアや革新的なアイデアを探してしまい、すぐ目の
  前にあるものが見えなくなっている事がしょっちゅう
  でした。独創的であろうとするより、明らかな事に気
  づくことのほうが大切だというのは、まさにその通り
  だと思いますね。」

という文章を見つけた。

それで、ふと思い出した。

数年前にインプロワークショップに参加した時、
一人の初参加の男性は、自分の番がくると、
なにか面白い事を言おうと頑張っていた。

 (その時、私自身も確か2回目くらいの
  参加だったように記憶している。)

何かウケたり、独創的だったり、
面白い事を言おうという
そういう事に意識を向けて参加していた。

そこで、インプロバイザーは

「その意見も、とても素敵だけど、
 前の人が言ったことをただそのまま受けて
 何も考えずに、ふっと思った事を言えば
 もっとストーリーが広がりますよ。」

とアドバイスしていた。

一人が頑張ってしまうと広がらない。
頑張らないで、ただありのままでいれば
どんな姿でも、そこから、発展させて
面白い物語が始まる。
たとえば、
何も頭に浮かばずに止まってしまったら
その「間」こそ、
美味しいタイミングだったりするのだ。

それは自分も仲間も信頼しているという
空気感にもなり、自然に面白いことが
生まれる感覚だった。

インプロのワークショップという
特別な空間だけではなく
日常の中で、私たちは、ほとんどの人が

・何かしないと価値がない。
・そのままではダメだ。
・頑張らないといけない。

というような習慣を幼い頃から身につけている。

プロのインプロバイザーであっても
ワークや練習や舞台を離れて
日常生活の中では、もしかしたら
無理をしたり頑張ったりしているかもしれない。

けれども、
そもそも、誰もが一人一人
まったく違う人生を歩んでいる。
同じ場所、同じ時代に生きていても
フォーカスしている事も
感じ方も考え方も何もかもが特別な事。

だから、
ただ自分で在りさえすれば
誰もがすでに独創的なのだ。

自分の感覚を信じて
思ったまま行動すれば
それが独創的で面白く価値のある事なのだと
再確認できた。(感謝)

___________________________
■今日のまとめ

 自分はすでに独自の視点を持っている、
 という事実を信頼してください。

---------------------------

このコラムに類似したコラム

【最幸ビジネスモデル】クロの恩返し。 星 寿美 - 経営コンサルタント(2013/11/05 11:12)

【最幸ビジネスモデル】社会には雰囲気がある。 星 寿美 - 経営コンサルタント(2013/12/10 09:23)

【最幸ビジネスモデル】自分のやり方で生きる。 星 寿美 - 経営コンサルタント(2013/12/06 07:48)

【最幸ビジネスモデル】失敗とは何もしないこと。 星 寿美 - 経営コンサルタント(2013/11/26 12:40)

【最幸ビジネスモデル】季節があるようにタイミングもある。 星 寿美 - 経営コンサルタント(2013/11/25 10:25)