プレスリリースにも必要な「今でしょ!」 - 広報・PR・IR全般 - 専門家プロファイル

中村 英俊
株式会社第一広報パートナーズ 代表取締役 広報コンサルタント
東京都
広報コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:広報・PR・IR

豊田 健一
豊田 健一
(広報コンサルタント)
中村 英俊
中村 英俊
(広報コンサルタント)
豊田 健一
(広報コンサルタント)
中村 英俊
(広報コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

プレスリリースにも必要な「今でしょ!」

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 広報・PR・IR
  3. 広報・PR・IR全般
東進ハイスクールの林修先生が一世を風靡した「今でしょ!」は、最近お目にしなくなったものの、今年の流行語大賞の有力候補であることは間違いないことと思います。

この「今でしょ!」は、老若男女を問わずに流行し親しまれた言葉ですが、実は広報の世界では実に重要な言葉でもあります。

それは「プレスリリース」や「取材依頼」、「イベントやセミナーの案内」などをマスコミ各社に送ることは日常の広報業務で行われていますが、この時、受け取った記者に如何に「記事を書くのは」或いは「取材するのは」今でしょ!と思わせることが出来るか否かで報道の確度は大きく差が生じます。

もちろん、ニュース性が高い(報道する価値が高い)、記者の興味を引くなどは必須です。

しかしながら幾らニュース性が高くとも、同等のリリースなどが日々多くのリリース(競合)が送られ、混在する中でどう残るのかという視点も重要となります。

そのためには、今書きたい、今取材の連絡を取りたいと、記者に思わせる工夫をしておく必要があります。面白そうだけど、今でなくても良いよね...と思われ、机の上の書類の束に入ってしまったら日の目を見る確率は極端に下がるでしょう。

リリースや取材依頼をする内容を、「なぜ」「いま」という確度で掘り下げること。そして発信の契機、報道の契機を考えた上で発信することが重要となります。

記者に迷わせずに行動に移してもらう、という視点を日頃の業務に取り込んで頂きたいと思います。



クリックをお願いします!













 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

就活解禁 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/12/02 06:04)

その案件、広報の目的は? 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/11/27 08:20)

記者の関心事を把握してますか? 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/11/13 11:18)

プレスリリースに意思を入れてますか? 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/11/11 10:07)

解りやすい失敗例に学ぶ 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/10/25 08:37)