ストレッチのススメ - その他の心と体の不調 - 専門家プロファイル

徐 大兼
アキュラ鍼灸院 院長
東京都
鍼灸師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:心と体の不調

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ストレッチのススメ

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 心と体の不調
  3. その他の心と体の不調

ようやく厳しい夏も過ぎ去り...いやいや、変な暑さが残る今日この頃。それでもクーラーのお世話にはどうにかならずには済んでいますがそれにしても、まだまだ秋のファッションを楽しむ雰囲気ではないようですね。 
それでも少しずつ変わっている季節の変化に身体は敏感に反応している様です。 そろそろお風呂に入って、リラックスタイムを楽しんでいる、そんな方も少なくありませんね。 今回はそんなお風呂に癒された身体を深い眠りに誘ってくれる「ストレッチ」のお勧めです。
このごろ、「足がツリ易くなっちゃって、トシでしょうか?」とおっしゃる患者様の多い事!でも、ちょっと待って。年齢の所為にしてはイケマせん。あなたはまだ、そんなトシじゃない!むしろそれはこの永くて暑かった夏に、一日中冷房攻めにあった筋肉の悲鳴、と受け取って下さい。そうです、なんとかして!って身体は叫んでいるんです。そんな毎日、お風呂に入るのは当然ですが、お風呂に入ったその後に10分ほどストレッチして縮こまった肩、腰、太ももやふくらはぎを優しく伸ばし和らげてお休み下さい。眠りもより深い筈。
そして、朝起きた時またストレッチしましょう。 これは靭帯や腱を通じて脳に「これから起きて身体を動かします!」と言うお知らせを送る事になり、寝違いやぎっくり腰予防にも一役買えます。よく、朝起きてシャワー浴びてたら急に首が痛くなったので寝違えではない、とか、よく寝たのに腰痛が!と言うお話を伺いますが、その多くは脳の指令に筋肉の動きがついて行けずに生じる不具合で、しなやかさを失った筋肉に脳からの指令伝達が伝わっていない証拠。靭帯や腱は血流がほとんどないので一度傷めると修復にとても時間が掛かります。
そして朝晩のストレッチを今の内から生活習慣として続けていけば、年齢を重ねても無理なくしなやかな肢体をキープ出来ます。お年を召してからの新しい健康習慣って、身に付き難いしツライばかりですよ、きっと。
これから先、もっとおねえ様、おにい様になってしまう前にヘルシー習慣を身につけ、同級生に差を付けてしまいましょう!
鍼灸師 大西葉子

このコラムに類似したコラム

歩行時間と生涯医療費、平均余命について 徐 大兼 - 鍼灸師(2013/11/27 09:00)

自律神経美人をつくる、季節の過ごし方! 徐 大兼 - 鍼灸師(2013/10/13 12:00)

歩くことを楽しむ工夫 徐 大兼 - 鍼灸師(2013/02/11 09:50)

秋時間、予約時間 みかん - 人体調律師 ・ 鍼灸マッサージ師(2014/10/03 13:00)

大人ですが。やだやだやだ・・・とダダを捏ねましょう(笑) みかん - 人体調律師 ・ 鍼灸マッサージ師(2014/05/02 10:00)