第33回 法令上の制限を確認する(3) - 住宅ローン全般 - 専門家プロファイル

藤 孝憲
FPオフィス ベストライフ 代表
埼玉県
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
沼田 順
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

第33回 法令上の制限を確認する(3)

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅ローン全般
住宅ミニコラム

前回、建ぺい率と容積率という言葉が出てきましたので、これらの意味を紹介させていただきます。

・建ぺい率:建築面積を敷地面積で割った割合
敷地面積300㎡で建ぺい率が50%の場合、150㎡の建物が建てられることになります。なお、防火地域内の耐火建築物や特定行政庁指定の角地等では緩和されます。

・容積率:延べ面積(各階の床面積の合計)を敷地面積で割った割合
容積率が300%の地域の場合で敷地面積が300㎡のとき、各階の床面積の合計は900㎡となります。なお、前面道路が特定道路の場合緩和されます。

建ぺい率や容積率は用途地域によって異なります。なお、建ぺい率や容積率に加え、斜線制限や日影制限など高さに関する規制もあります。

このコラムに類似したコラム

第32回 法令上の制限を確認する(2) 藤 孝憲 - ファイナンシャルプランナー(2013/08/23 23:35)

第35回 法令上の制限を確認する(5) 藤 孝憲 - ファイナンシャルプランナー(2013/08/27 21:17)

第31回 法令上の制限を確認する(1) 藤 孝憲 - ファイナンシャルプランナー(2013/08/22 22:22)

第2回 重要事項説明書を確認しよう(2) 藤 孝憲 - ファイナンシャルプランナー(2013/07/23 11:24)

第34回 法令上の制限を確認する(4) 藤 孝憲 - ファイナンシャルプランナー(2013/08/26 19:12)