では、配色に関してのお話を。 - イメージコンサルティング全般 - 専門家プロファイル

安田 紀子
nrk color circle 
神奈川県
カラーコーディネーター
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

では、配色に関してのお話を。

- good

  1. 美容・ファッション
  2. イメージコンサルティング
  3. イメージコンサルティング全般
色彩心理・配色

こんにちは。


今回から配色に関してのお話です。

ビーズだけでなく、普段の生活や(前回も書いたように)カリグラフィー、絵を描く、

フラワーアレンジメント、ネイル等々…

配色はどの場面でも役に立ちます。

覚えておいて損はないので、ま、お暇でしたらご覧ください(^v^)


さて、初回の今回は、トーンについて。

ビーズの配色のときも本当はトーン表をupしたかったんだけど、間に合わず。

本来のPCCSのトーン表を掲載するわけにはいきませんので、オレンジと青を

代表として載せてあります。





ちょっと見づらいですね(^^;)


このトーン表は、横軸が彩度(鮮やかさ)の尺度となっていて、右へ行くほど

鮮やかなグループになります。一番右にあるビビッドというトーンのグループが

一番鮮やかです。

左に行くと鈍い色になっていきます。同じオレンジでも、ビビッドとグレイッシュのオレンジでは

色が違うはずです。


縦軸は明度(明るさ)の尺度です。

上へ行くほど明るい色、下へ行くほど暗い色というわけです。

上のほうは「薄い色」と思ったほうがわかりやすいですね。

色彩学をちゃんと学ぶわけではないので、そんな解釈でいいです(笑)

これも、一番上にあるペールのオレンジは薄い色であること分かると思います。


このように、彩度と明度を組み合わせて、グループ分けしたものがトーンです。

例:高彩度(とても鮮やか)で中明度(中くらいの明るさ)がビビッドトーン

低明度で低彩度がダークグレイッシュトーン、

というわけです。


このトーンは配色を学ぶうえで、必ず必要になりますので、覚えておいてください。

ま、なんとなーくでいいけど。

次回からは具体的な配色技法に関して。


facebook:https://www.facebook.com/#!/nrk.color.circle
HP:http://www.ne.jp/asahi/nrk/color-circle/
専門家プロファイル:http://profile.ne.jp/pf/noriko-color/s/
ispot:http://www.ispot.jp/s/nrk-color/







このコラムに類似したコラム

ビーズの配色 番外編~トーンについて~ 安田 紀子 - カラーコーディネーター(2013/08/08 11:35)

ショックだ…とってもとってもショックだ… 安田 紀子 - カラーコーディネーター(2013/11/24 19:25)

ビーズの配色6 グラデーションを使ってみよう! 安田 紀子 - カラーコーディネーター(2013/08/03 23:17)

ビーズの配色・・・2 色の見え方 安田 紀子 - カラーコーディネーター(2013/07/22 12:48)

ビーズアクセの配色 安田 紀子 - カラーコーディネーター(2013/07/19 12:27)