今、“畳”が熱い!? - 新築住宅・注文住宅 - 専門家プロファイル

青沼 理
青沼建築工房(有) 一級建築士事務所 取締役
東京都
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

今、“畳”が熱い!?

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 新築住宅・注文住宅
建築メモ

平安時代ごろからあったとされている『畳』
JIS(日本工業規格)でいろいろ決められているんですが
『畳』(JIS A 5914)が、今年の3月に改定され
断熱性能を示す熱抵抗値が加えられた。

熱抵抗値は、熱の伝えにくさを表した値で
畳床の厚さや構造ごとに示されている。

構造は、
押出法ポリスチレンフォーム保温材の種類・厚さで分けられて
畳床の厚さ50mmの場合の熱抵抗値は

I型・・・・0.81㎡・K/W

http://www.dowkakoh.co.jp/product/img/tatami003.jpg

II型・・・・1.29㎡・K/W

http://www.dowkakoh.co.jp/product/img/tatami004.jpg

III型・・・・1.21㎡・K/W

http://www.dowkakoh.co.jp/product/img/tatami005.jpg

N型・・・・1.45㎡・K/W

http://www.dowkakoh.co.jp/product/img/tatami025.jpg

となる。(写真は断熱材のダウ化工より


省エネや節電に
畳を使うことを再検討してはいかがだろうか。


さらっとした表面な断熱材
暑い夏もってこいなのでは?(^^)v

このコラムに類似したコラム

【パッシブ発想に基づく省エネルギー住宅−7】 西島 正樹 - 建築家(2015/02/24 15:31)

LED照明の時代 斉藤 進一 - 建築家(2013/09/08 23:48)

お年寄りに優しい夏住宅を 斉藤 進一 - 建築家(2013/08/11 18:20)

夏と冬の断熱の違い 福味 健治 - 建築家(2012/10/30 08:43)